【VOO】バンガードS&P500ETFをVTIやSPDR S&P500 ETFと比較

VOO ETF

ETF組成並びに運用に非常に定評のあるバンガードのETFシリーズについては、

今まで世界全体に投資するVT、米国に投資するVTI、VYM、新興国に投資するVWOについて分析してきました。

【VT】評判のVanguard(バンガード)ETFを徹底分析~VTI・VWOとの相性・利回り・配当金~
⇒ 【VTI】評判のバンガードETFを徹底分析~利回り・配当・見通し~
⇒  VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)のVTIとは何が違うのか?
⇒  VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)を徹底評価

本日はバンガードの中で米国のS&P500指数に連動する投資を行っているVOOについて、

VTIと何が違うのか、同じくS&P500指数に投資を行っているSPDR S&P500と比較説明していきたいと思います。

VOOってどんなETF?VTIとは何が違う?-S&P500指数に連動-

バンガード®・S&P 500 ETF (通称:VOO)は完全法によって米国のS&P500指数への連動を目指すETFです。

VTIが米国全体の株式市場に連動する約4000銘柄を組み入れていることと比較すると、

VTIの大型銘柄を中心に組み入れたものといった感じですね。

今までのバンガードシリーズの整理の為に、以下図をご覧ください。

VOOのバンガードETFシリーズの中での位置づけ

VYMは米国の高配当シリーズなので、S&P500に連動するVOOと重なる部分もあれば、

異なる部分もあります。

VOOはS&P500指数の構成銘柄を、S&P500指数の構成比率のままに組み入れる完全法をとっているので、

成績は以下のように殆どS&P500指数と同じリターンとなっています。

VOOとS&P500指数のリターンの同一性

ほんの少しだけ乖離がありますが、銘柄を組み入れる際のコストであったり、新たな投資家・解約する投資家の為に、

少しはバッファーを持って取引を行わなければいけないので、どうしても完全一致はテクニカルに不可能なのです。

寧ろインドやベトナムのETFを考えると、ここまでインデックスと同じ成績を出せていたら非常に優秀と言えるでしょう。

【参照】
新興国のETFの問題点を徹底解説
インドのETFを分析ー高い乖離率が問題点ー
ベトナムETFを徹底評価ー何故指数との乖離率が高いのかー

そもそもS&P500指数とは、どのような指数なのか?

S&P500指数は世界的な指数会社であるS&Pダウ・ジョーンズ社が算出している指数で、

正式名称はStandard & Poor’s 500 Stock Indexです。

米国を代表する約500銘柄(現在は505銘柄)で構成され、市場規模・流動性・業種等を勘案して、

時価総額で加重平均した指数です。

非常に歴史の古い指数で1870年からの推移は以下のように右肩上がりとなっています。

S&P指数の超長期の値動き

左軸は一定ではなく指数関数的に増えていっていますが、対数グラフといわれるもので、

対数グラフ上直線状に上昇していれば、一定の利率で成長していっていることを示しています。

長期平均で約6%程度でS&P指数は成長していっているのです。

VOOはSPDR S&P500 ETFとは何が違うのか?どちらが良いのか?

バンガード社と並びETF組成に実績のあるSPDR(スパイダー社)によって、

同じくS&P500指数に連動するSPDR S&P500指数が運用されています。

SPDR S&P500 ETFは1993年から運用を行っている米国発のETFで総資産額は50兆円と世界最大です。

肝心の連動率は以下のようになります。

 

SPDR S&P500 ETFとS&P500指数の乖離

VOOと比べると乖離率が非常に高いですね。

指数に連動するパッシブ型のETFの評価基準は連動目標との乖離率の低さということを考えれば、

VOOの方が優秀なETFであるということができるでしょう。

更にもう一つの基準である手数料を比較してみると、

VOOは0.04%(年率)ですがSPDR S&P500は0.0945%(年率)となっていることを考えると、

VOOの方がS&P500指数連動のETFとしては魅力が高いということが出来るでしょう。

VOOとVTIの産業別の比較

VOOつまりS&P500指数の業種別の構成比率は以下のようになっています、

やはり近年のFANG (Facebook、Amazon、Netflix、Google)を始めとした巨大IT企業が台頭していることもあり、

情報技術の割合が非常に高くなっています。

VOOの業種別構成比率

それでは、比較の為に米国全体の株式市場に投資を行っているVTIの業種別構成比率をご覧下さい。

金融の割合がVTの方が高いことが分かりますね。

VOOとVTIの組入上位銘柄の比較

それでは次に構成銘柄を構成下さい。

VOOもVTIも構成銘柄は1位から10位までは全く変わりません。

ただVTIが米国の全株式市場4000銘柄から抽出ということもあり上位10銘柄が占める割合は、

VOOの22.3%なのに対して18.3%と低くなっています。

VOOとVTIの構成上位銘柄の比較

VOOとVTIの利回り(リターン)の比較をチャートとデータから比較

それでは肝心の成績を比較していきましょう。

まずはチャートという観点から過去1年、3年、5年の比較をご覧頂きたいのですが、

殆ど同じ成績となっていることが分かります。

VOOとVTIの1年、5年、10年比較チャート(バンガードHPから管理人作成)

結局米国全体であろうとS&P500指数であろうと、大型銘柄の影響力が非常に強いので、

パフォーマンスは変わらないという結果が見えてきますね。

ではもう少し詳しく、データ上で見ていきましょう。

以下は配当金を再投資した場合のVOOとVTIのリターンとなります。

VTIとVOOの成績をデータで比較

直近年初来でみるとVTIの方が高いパフォーマンスであることが分かります。

2018年は年初からFRBの利上げ期待が高まったことにより景気後退懸念が台頭し、

大型銘柄を中心に下落したことを影響を受け、小型・超小型株を含むVTIの方が影響をうけなかった為、

高いパフォーマンスとなっています。

しかし、好景気時は大型銘柄主導で上昇するので基本的に景気拡大期が継続したこの5年間でみるとVOOの方が好成績となっています。

不況期はVTIが、好況期はVOOが良好な成績をだす傾向があると考えたほうが良いでしょう。

VOOとVTIの配当金の比較

VOOの配当金について見ていきましょう。

2018年でみると、3月1.08ドル、6月1.15ドル、9月1.20ドルの合計3.43ドル。

12月も9月同様に1.20ドルを加えて年間4.63ドルとなります。

VOOの配当金

現在のVOOの株価270ドルから考えると、配当金利回りは約1.7%となります。

VTIの配当金は現在1.5%であることで若干VOOの方が高いですが、僅差といった感じですね。

VOOとVTIの手数料の比較

手数料が低いことで有名なバンガードのETFですが、VOOとVTIは共に手数料は0.04%と、

同社の中でも最低水準であることを考えると非常に良心的な手数料形態であるということが言えます。

VOOとVTIの比較まとめ

VTIが米国株式市場全体4000銘柄に投資するETFに対して、VOOはS&P指数約500銘柄に投資を行うETFである。

VTIとVOOはほぼ同じ成績を叩きだしているが、細かくデータをみていくと少し差異があります。

VOOは大型銘柄が中心の構成となっており、好況期には高い成績を出す一方、不況期には煽りを受けやすい。

VTIは景気に敏感ではない小型・超小型銘柄を含む為、市場下落時には価格下落が緩和される一方、

好況期にはVOOに比べて低いパフォーマンスとなる傾向にある。

もう既に景気拡大期は後期であることを考えると現状はVTIの方が投資するにしては良さそうですね。

米国以外で大きな利益を狙える新興国株式市場への投資を行っているファンドを含めて、

おすすめの投資先については以下で纏めておりますので参考にしてみて下さい!

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です