評判のベトナム成長株インカムファンドを徹底評価~ベトナム投資信託を分析~

ベトナム成長株インカムファンド

ベトナムは東南アジアの成長ドライバーとして注目の新興国です。

今までベトナムについてはファンダメンタルと株式市場の概況について分析してきました。

ベトナムの経済・政治・財政~株式投資の為のファンダメンタル分析~
ベトナム株式投資を市場全体・個別銘柄の観点で見通しを分析

また前回代表的なベトナム投資信託の一つである、

DIAMベトナム株式ファンドやベトナムの市場平均に連動することを目的として組成されたETFの問題点について言及していきました。

ベトナムETFやベトナム投資信託のDIAMベトナム株式ファンドを徹底評価

今回はかなりメジャーなベトナムの投資信託である、ベトナム成長株インカムファンドについて分析していきたいと思います。

ベトナム成長株インカムファンドってどんな投資信託??

ベトナム成長株インカムファンドはCapital Asset Management社によって運用されております。

ファンドの運用方針については、以下引用させて頂きます。

ベトナムの取引所に上場する株式ならびに世界各国、地域の取引所に上場するベトナム関連企業の株式に投資します。ベトナム関連企業とはベトナムで営業を行なう、もしくはベトナム経済の動向から影響を受けるビジネスを行なう企業をいいます。また、取得時にはベトナムでの事業規模が小さくても将来拡大する見込みのある企業も含みます。なお、原則として、為替ヘッジは行ないません。

(引用: CAPITAL ASSET MANAGEMENT)

つまりベトナムの企業だけではなく、ベトナムに関連したビジネスの割合が多い株を大型銘柄に限らず、

中型銘柄や小型銘柄もファンドに組み込む方針であることが分かります。

また為替をヘッジしない方針とのことですが、以前為替について分析した通り、

中央銀行による規制などにより通貨ドンの安定性は高まってきているので、左程問題とはならないでしょう。

ベトナム株式投資を行う際の為替リスクを金融政策・インフレ・国際収支から考える

ベトナム成長株インカムファンドの業種別構成比率と構成銘柄

ベトナム成長インカムファンドに組み入れられている産業別の比率をご覧ください。

構成として経済の心臓ともいわれる銀行が多くのポーションを占めておりますが、

2017年8月時点では13.8%であったことから一年間でポーションが倍になったことを示しています。

この理由として、消費者向けの保険の窓口販売による収入が増加傾向となり業績が上向くとの見通しから、

銀行セクターを増やしたと説明しております。

更に今後内需の拡大を確りと捕捉するという意味において、食品・飲料・不動産の比率が高いことは、

理にかなった構成になっているということが出来るでしょう。

 

ベトナム成長株インカムファンドの産業別ポートフォリオ

更に銘柄毎の構成ではベトナム株式市場全体と個別銘柄で紹介した、ビナミルクが構成比率Topとなっています。

ベトナム成長株インカムファンド

ビナミルクは名前の通り乳製品王手でベトナム企業の中ではかなり規模が大きく、尚且つ毎年利益を着実に伸ばしています。

ROEは驚異の44%という水準で利益を上げる効率性は申し分ないのですが、若干PER25.6倍と割高水準なのが難点ではありますね。

ビナミルクの指標

ベトナム成長株インカムファンドの成績・利回り

ベトナム成長株インカムファンドの成績を御覧ください。

ベトナム成長株インカムファンド

まず成績にうつる前に分配金を拠出していることに苦言を呈したいと思います。

現在の基準価格(青)は約12,000円ですが、分配金を再投資したと仮定した場合の基準価格(緑)は約14,500円となっています。

一方今まで拠出してきた分配金の合計は1700円となっています。

ここで皆さん気付かれた方もいらっしゃると思うのですが、現在の基準価格に分配金を合計しても13,700円にしかならず、

分配金再投資後の14,500円に及びません。

分配金として拠出してしまうと、再投資による複利効果を得ることが出来ませんので、

結果的に投資家にとって機会利益の逸失となってしまうのです。

目先の資金にこだわらずに長期的な観点で運用を行うのであれば、分配金拠出はない方が良いと言えるでしょう。

それでは肝心の成績について、ベトナムのTOPIXにあたるVN指数との比較でみてみましょう。

ベトナム成長株インカムファンドとVN指数の成績対比

まさに一進一退ですね。因みにベトナム成長株インカムファンドの利回りは分配金を再投資したベースでの利回りになっています。

もっと分かり易く2015年8月を100として両者をグラフで可視化したものが以下です。

ベトナム成長株インカムファンドとVN指数の比較グラフ

殆どVN指数と同じ動きをしているといっても遜色ないですね。

ただベトナムETFの問題点でも申し上げた通り、

ベトナム株式市場は全体の49%未満しか外国人が株式を保有できない外国人投資規制が、

いまだに残っており魅力的な銘柄に投資できない中での、この成績は優秀であるということが出来るでしょう。

ベトナム成長株インカムファンドと、その他のベトナム投資信託との比較

ほとんどベトナム指数と同様の動きであることは分かりましたが、他のベトナム株投資信託とのリターンの差を見ていきましょう。

ベトナムの投資信託を比較

黄色のベトナム成長株インカムファンドは他のベトナム株投資信託や、

MSCIエマージングマーケット指数をアウトパフォームしていることがわかります。

新興国インデックスのMSCIエマージングマーケットインデックスをわかりやすく解説する

データ上からも見ていきましょう。

ベトナム投資信託の比較データ(リターン・リスク・手数料)

3年平均の年率リターンは一番高く、尚且つ値動きの荒さである標準偏差に関しては、

高い数値ではありHigh Risk High Returnとなっていますが、他のベトナム株投資信託と同水準のリスク水準となっています。

過去3年のリターン年率15.99%とリスク年率16.37%から考えられる今後1年の値動きは、

統計的に以下の範囲で収まることが想定されます。

68.2%の確率で
15.99% – 16.37% (▲0.38%) ~ 15.99%+16.37%(+32.36%)

95%の確率で
15.99% – 16.37×2% (▲16.75%) ~ 15.99%+16.37%×2(+48.73%)

ただベトナム株自体が若干バブル気味ではある為、今後同様の高いリターンが見込めるかは疑問であるという点は、

念頭において頂ければと思います。

ベトナム成長株インカムファンドの高い手数料

新興国のアクティブ型の投資信託は、そもそも銘柄を取引きする際の手数料や、

為替の手数料が両側で発生することもあり、手数料が高くなる傾向にあります。

ベトナム成長株インカムファンドも例外ではなく、

購入手数料:3.24%
信託手数料:1.85% (年率)

という高い水準になっています。初年度に関しては先程想定されるリターンとして書いた数値に、

それぞれ▲5%を見込んでいただく必要があります。

ベトナム成長株インカムファンドのまとめ

ベトナム成長株インカムファンドは他のベトナム株投資信託より高いリターンを実現し、

ベトナム株式指数と同等の成績を収めている。

ベトナム株については外国人投資規制により、

外国人が取引できない銘柄が多く存在する中で指数と同じリターンを実現しているのは、

優秀であるということが出来ます。

高い手数料という難点はありますが、外国人投資規制の影響でベトナムETFが指数と連動しない特性がある中では、

ベトナム株式市場に投資を行うのであれば優良な投資先であるということが出来ます。

しかし、ベトナム株式市場自体が既に過熱気味で割高水準であるということは、

留意した上で投資の有無を考えられた方がよいでしょう。

ベトナムと同等の成長率が期待でき、尚且つ割安な株式市場に厳選投資を行い、

高い利益を獲得したいという方はフロンティア・キャピタルがおすすめ出来るファンドなので、

参考にしてみて下さい!

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です