タイ株は政治混迷によって市場は停滞気味?おすすめの個別銘柄はあるのか?

今まで二回にわたってタイの株式投資を行う際に重要となる、

ファンダメンタル分析とタイの通貨バーツの見通しについて分析していきました。

今回はいよいよ本題のタイの株式投資について、

指数(インデックス)・個別株の見通し更に購入するさいの注意点について記載していきたいと思います、

タイのファンダメンタル(経済・政治・財政)と為替の見通し

それではまず前回までのおさらいを簡単にしていきたいと思います。

タイの経済・政治・財政~株式投資のためのファンダメンタル分析~
タイ株式投資を行う際の為替リスクを金融政策・インフレ・国際収支から考える

タイは2006年のタクシン首相の退陣後、政治が軍事政権んいよる短命政権の入れ替わりにより、

混乱し更に経済成長率も3%程度と他の新興国より低く推移しています。

更に今後人口も減少局面ということを考えると経済成長の鈍化が一時的というよりは、

恒常的なものであると考えられます。

財政は比較的安定しており、成長力が低いことによる低インフレ、堅調な経常収支の黒字、

の効果によりタイバーツは他の新興国通貨に対して強含んでおり、今後も堅調に推移することが予想されます。

経済成長速度は遅いものの、為替リスクは低いというのが現在のタイの投資環境ということです。

タイ株の市場平均SET指数の推移と今後の見通し

タイの市場平均SET Indexはタイ証券取引所に上場している全銘柄を対象として、

算出・公表されている株価指数で、全銘柄ではなく時価総額が大きい50銘柄、100銘柄を

対象にしたSET50指数、SET100指数があります。

1975年の指数が100なので40年間で16倍とおいうレベルですね。

日経平均が戦後から40年で200倍になったことを比べると、イマイチという感じです。

タイのSET指数

 

現在のタイ市場のPERは15倍、PBRは2.2倍と特に安くも高くもない水準といったところです。

タイ株の市場平均に投資する方法-ETFがおすすめ-

正直新興国投資を行う上で、タイの市場平均への投資はあまり魅力的には見えませんが、

投資する方法としてはETFがおすすめですます。

ETFについては以前ETFをわかりやすく解説で詳しく説明しておりますが、

ETFは株式市場が開場している時であれば、通常の個別株のように取引を行うことが出来ます。

例えば現在楽天証券ではBlack Rockによって運用されているMSCIタイETFを取引きすることが出来ます。

構成銘柄は124銘柄でSET指数への連動を目指すように設計されております。

タイの個別株を購入する方法ー購入できる証券会社は楽天証券、SBI証券双方で可能ー

新興国の中にはそもそも個人投資家は現地で口座を開設しなければ取引できない国や、

直接個別株取引を直接行うことが出来ず、

ADRという仕組みを用いて間接的に取引を行わなければいけない国が殆どです。

しかし、タイの株式市場は日本でも人気の為なのか楽天証券やSBI証券といった、

大手のネット証券会社で直接タイ市場に上場されている銘柄を取引きすることが可能です。

タイ個別株取引を行う際の注意点ー高い取引手数料と為替手数料ー

新興国銘柄を取引する点の注意点として高い手数料があります。

SBI証券でも楽天証券でも取引の度に1%の手数料がかかります。

つまり購入して売却することによって往復2%の手数料がかかるということです。

更にここから為替手数料について注意しなければいけません。

以下赤枠に記載の世織為替手数料として片道8銭となっています。

タイバーツ円のレートが3円50銭であることを考えると8銭つまり売買16銭の手数料ということになると、

約5%の為替手数料が発生することとなります。

取引手数料と合わせて7%の手数料というこよになります。

つまり7%以上の値上がりが見込めないと投資損益はマイナスということになりますね。

タイのおすすめ個別銘柄を紹介-CPオール-

タイの個別銘柄としておすすめするのはタイでセブンイレブン等を運営するCPオールです。

CPオールはセブンイレブン商標付のコンビニの運営に従事する唯一の事業社です。

セブンイレブンの運営の他に現金取引の量販店、支払センターの運営、その他にも様々な事業を行っております。

私が注目する理由は日本でもコンビニが一般的になり始めたのは1980年からで、

現在のタイの経済水準を考えるとコンビニが今後台頭していくと考えるからです。

実際売上、純利益ともに順調に拡大していっています。

タイの個別株CP ALL Groupの業績推移(引用:CP ALL Groupの業績)

チャートの形状も右肩上がりで現在丁度Dipを作っているので、ここで仕込むのにはいいタイミングかもしれません。

CP ALL GROUPのチャート

タイ株式投資の総括

タイの株式市場は市場全体として経済の減速に呼応する形で、減速しているものの上昇基調は維持しております。

市場平均を取引きするにはETFが適しており、個別銘柄も直接タイ市場にアクセスして取引することが可能です。

しかし、個別銘柄取引では売買往復で取引手数料が2%、更に為替手数料が5%掛かり合計7%も発生します。

取引を行うのであれば7%以上の利益が狙える銘柄に投資する必要がある。

個別株はSBI証券と楽天証券双方で取引が可能ですが、私が現在おすすめ銘柄はCPオールです。

同社はセブンイレブン商標を使える唯一のタイ企業であり、今後の国民需要を更に取り込むことが期待できます。

おすすめの新興国投資手法ーフロンティア・キャピタルという選択肢ー

タイはそもそもの成長力が低いことから投資対象として、あまり魅力的とは考えられませんが、

新興国投資を行うのであれば成長力が高い国に投資するのが鉄則です。

更に欲をいえば割安な市場に投資することにより高い利益を獲得することが出来ます。

また個人が新興国の個別株を日本から取引を使用とすると、高い手数料が発生し利益を獲得するにあたり、

大きなハンデを背負うことになります。

私が考える最適な新興国株への投資手法は、成長力が高く更に割安な市場に直接口座を持ち、

更に当該市場に精通したプロによって運用されているファンドに投資することであると考えています。

私が投資しているフロンティア・キャピタルはまさに上記で説明した条件を満たしています。

フロンティア・キャピタル~新興国投資ヘッジファンドの実態を解明~で詳しく説明しておりますので、

参考にしてみて下さい!

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です