<台湾の株式投資マップ>国(経済)・株式市場のファンダメンタルズ分析・為替リスク・有望株式銘柄の紹介。

<台湾の株式投資マップ>国・株式市場のファンダメンタルズ分析・為替リスク・有望株式銘柄の紹介。

「台湾」といえば何を思い浮かべますか?

 

台湾ラーメン、マンゴープリンなどなどですね。

台湾には親日家も多く、日本から台湾に旅行にいく人も多いですよね。

 

とても身近な国です。

 

そんな台湾ですが、果たして株式投資をする市場として選択すべき国なのでしょうか?

例えば、台湾は世界経済インデックスのポートフォリオにも組み入れられています。

 

今回は新興国株式投資をする上でまず必須となる、ファンダメンタル分析、為替リスク分析、有望銘柄の紹介をしていきたいと思います。

 

台湾という国と経済をファンダメンタルズ分析

すでに台湾の一人当たりGDPは約25,000USD。

 

新興国経済の成長が加速するのは一人当たりGDPが1,000USDを超えた時期となりますが、台湾はすでに1990年以前にそのフェーズは終わっており、

中所得国の罠である10,000USDもうまく産業転換を成功させ、

これまで成長してきました。

 

日本の一人当たりGDPは40,000USDほどであり、まだ経済が伸びる余地があるようにも感じますよね。

 

以下の記事では、台湾の国の概要と、経済、財政からみた株式市場の魅力についてさらに詳しく解説しています。

参考にしてみてくださいね。

 

まだまだ歴史の浅い台湾への株式投資はありえるのか?政治・経済・財政のファンダメンタル分析を通して検討しました。

 

 

台湾ドルの為替リスクの考察

台湾は既に1人あたりGDPは25,000USDと先進国と近しい水準まできており、

経済成長率は2%程度と米国と同様の水準に落ち着いています。

 

既に新興国特有の高度経済成長のフェーズを終えてしまっており、株式投資の魅力は低いということがファンダメンタルズの観点から分かりました。

 

ここでは仮に台湾への株式を行うとなった際に重要になってくる為替リスクについて、

台湾の通貨である台湾ドル(通称TWD)がどのように推移していくのかの見通しを考察しています。

 

実質金利や国際収支の観点から安定性の高い台湾ドル相場!依存度の高い中国の影響を受けやすいのが難点

 

台湾の有望株式銘柄はどれか?

台湾は経済成長が鈍化し、この10年間台湾の株式指数である加権指数は日経平均と同程度のパフォーマンスでした。

また特段割安ということもないため、緩やかな上昇となっていくことが見込まれます。

 

台湾株式市場に直接アクセスする方法はアイザワ証券を使えば可能ですが、5%~7%と非常に高い手数料が発生。

楽天証券やSBI証券を用いればADRという仕組みを用いて手数料は抑えて取引することが可能なるも、取引できる銘柄は非常に限られます。

 

さらに詳しくは、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

成長鈍化の台湾株式市場への投資は妙味があるのか?限られた投資環境も懸念点

 

まとめ

台湾の経済、為替リスク、株式市場の分析をしてきました。

これから新興国株投資を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

<東アジア株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です