過激発言が目立つドゥテルテ大統領が牽引するフィリピンの経済・政治・財政の総合ファンダメンタル分析。内需で安定的に成長していく国への株式投資も選択肢の一つ?

フィリピン株式投資

 

フィリピン」といえば暑い国で海が綺麗、

セブ島に旅行にいく観光客はとても多いですよね。

今後も経済成長が見込まれ、注目されているフィリピン株式市場ですが、

株式投資で大きなリターンを得るにもまだ間に合うのでしょうか?

フィリピン不動産も加熱を見せましたが、すでに不動産価格は高止まりしています。

今回はフィリピン株式投資を実行するにあたり、

まず手をつけるべきファンダメンタル分析をしていきたいと思います。

フィリピンの政治と財政

フィリピンの政治を語る上で欠かせないのが悪評が集まるドゥテルテ大統領ですね。

キャラクターが非常に濃く、ドゥテルテ大統領の行動や言動はとても注目されています。

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は12月28日、南カマリネス州で演説し、「ヘリコプターから中国人を突き落としたことがある」と発言した。そして、再びするかもしれないという。

ロイター通信によると、ザ・パニッシャー(仕置き人)の異名を持つロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、かつてレイプ殺人容疑の中国人男性をヘリコプターから投げ飛ばしたことがあると発言した。

彼は「もし腐敗にまみれた人間がいたら、ヘリコプターに乗せ、マニラへ向かう途中で上空から捨てる」と述べた。

引用:HUFFPOST

このほかにも、

「3人射殺した」

「麻薬中毒者は殺せ」

「国連を焼き払う」

オバマ大統領に「くそったれが」

ジャーナリストにも「くそったれ」

「俺はヒトラーの従兄弟だと言われている」

と、とても過激ですね。

ドゥテルテ大統領

出典:HUFFPOST

ドゥテルテ大統領の前のフィリピン大統領はアキノ大統領でした。

アキノ大統領

出典:日本記者クラブ

アキノ大統領は海外投資呼び込みを促進し、

治安の悪いフィリピンの状況改善するなど大きな功績を残しました。

その当時、ドゥテルテ大統領はアキノ大統領の右腕として、

フィリピン国内で特に治安が悪化していたミンダナオ島のダバオ市の市長に就任、

大幅に治安を改善させた立役者となりました。

その腕を買われ、2016年に大統領に就任しました。

続いてフィリピンの経常収支を見ていきましょう。

フィリピン経常収支

出典:フィリピン経常収支

2015年〜2016年の間に「輸入」の資本財、消費財の寄与度が拡大、

投資や個人消費など内需が拡大し景気が加熱、これが経常収支を悪化させた最大の要因です。

以下の資料では歳出が拡大していますが、

こちらは2015年以降のインフラ整備費を増加させたことが要因となっています。

このインフラ整備がコスト増となった背景には、

フィリピンのインフラはASEAN主要6カ国の中で最も低い水準であり、

今後の経済発展を支えるにはインフラ整備が必要不可欠となっていることから、

急速に整備費を拡大するものの、歳入確保ができず財政赤字に陥っています。

フィリピン財政

出典:みずほ総合研究所

財政赤字に陥るもインフラ整備を止めては今後の経済発展の大きな足かせとなりますので、

ドゥテルテ大統領も経済政策の目玉としてインフラ整備を掲げており、

計画通りに政策が進めば財政赤字は2018年はGDP比▲1%以内に収まると算出されています。

こうして直近の財政についてはまだまだ問題点がありますが、

長期的に整備が滞りなく進めば、経済成長も着実に取り込めると考えても良いでしょう。

フィリピン経済の現状、GDP成長率の推移を把握しよう

フィリピンの経済成長率を見ていきましょう。

以下はGDP総額と成長率の推移です。

フィリピンGDP推移

IMF databaseから筆者作成

フィリピンの経済成長率は2008年にリーマンショックの煽りを受け、

6%台の成長率から1%の成長率に落ち込みましたが、その後V字回復を遂げ、

またも中国の経済減速から直下。

その後はまた持ち直し6%の成長率をキープしています。

フィリピンといえば他国へ渡航している海外労働者(出稼ぎ)による送金が非常に多いのが特徴です。

国民の1割に当たる1000万人程度が海外労働し、フィリピン国内に海外送金をしており、

これがなんとGDPの1割を占めます。

最近は私も昼食の時間を節約するべく、はなまるうどんによく行くのですが、

フィリピン人の方々が働いているのを見ると、

この人たちがフィリピンGDPの1割を占めるのか、と感慨深くなります。

また、フィリピンは国内のコールセンターサービスを拡大しており、

上記で述べた各地域の治安改善により海外から信頼を得ており、

外国からの投資が増加し経済成長ドライバーとなっています。

フィリピンの人口は日本と同様1億人を突破しており、

国土は日本の80%程度と人口密度が高く、

一人あたりGDPは3,000USDほどとなっています。

これは「中所得国の罠」である10,000USDまではまだまだ遠く、

労働集約型産業で成長が継続するでしょう。

「中所得国の罠」とは、多くの途上国が経済発展により一人当たりGDPが中程度の水準(中所得)に達した後、発展パターンや戦略を転換できず、成長率が低下、あるいは長期にわたって低迷することを指す。

(引用:内閣府

フィリピンの人口は今後も増加する?人口推移、人口ピラミッドを考察

経済の動向を予測するに当たって、最も重要なのは「人口」です。

人口が増えなければ内需は拡大せず、消費活動、労働活動が活発化せず、

経済は落ち込んでしまいます。

現在の日本がそうですよね。

以下のように、人口は下降しています。

日本の人口推移

出典:https://www.globalnote.jp/p-cotime/?dno=10110&c_code=392&post_no=14946

さて、本題のフィリピンの人口推移を見ていきましょう。

フィリピン人口推移

IMF Databaseから筆者作成

一貫して毎年人口が増加していますね。

IMFの予測では2023年には1億2000万人に届くかどうかという数字になっています。

ではフィリピンは今後も本当に人口は増加していくのでしょうか?

株式投資を考える上でも、その投資先となる国の「人口ボーナス」が継続していくのかどうか、

その上で今後の経済成長が継続するのかどうかを確認する必要があります。

人口ボーナス

生産年齢人口(15〜64歳)に対する従属人口(14歳以下の年少人口と65歳以上の老年人口の合計)の比率が低下し、経済成長を促すこと。人口ボーナス期では豊富な労働力を背景に個人消費が活発になる一方、高齢者が少なく社会保障費用が抑えられるため、経済が拡大しやすい。逆に従属人口の比率が相対的に上昇することを人口オーナスという。

(引用:野村証券

そのためには、その国の人口ピラミッドを見る必要があります。

以下はフィリピンの人口ピラミッドです。

フイリピン人口ピラミッド

出典:フイリピン人口ピラミッド

フィリピンの人口ピラミッドはまさに理想的です。

他新興国にも劣らない良い形をしており、しばらくは若年層が労働・消費を牽引し、

経済成長の加速に貢献していくことが予測できますね。

フィリピンといえば、言語はタガログ語ですが英語力も高い水準にあり外国企業が進出しやすい環境が整っています。

今後も海外企業の進出が進めばフィリピン経済のさらなる活性化が見込めますが、

中所得国の罠に差し掛かる一人当たりGDP10,000USDの水準になったところで、

フィリピンの教育水準の低さから、労働集約型産業から技術集約型産業への産業シフトがうまくいくのか、

この点は要注意ですね。

フィリピンは所得の低さから高等教育に進める児童が限られているのが今の実態なのです。

フィリピンGDPを支えているのは?

フィリピンのGDPを支えているのはどの産業なのでしょうか?

GDPの構造を読み解くのは非常に重要です。

例えば中国のように政府と民間の投資に依存している経済だと、

需要に対して過剰な供給が続き、バランスを崩してしまいます。

結果的に過剰債務となり、経済成長に歯止めをかけてしまうのです。

では、フィリピンの経済成長寄与度の高いものを確認してみましょう。

フィリピンGDP寄与度

出典:ニッセイ基礎研究所

フィリピンはまだまだ経済成長段階であり、

中国のように「投資先行型」ではなく「内需」の拡大を伴った成長していることがわかりますね。

次に、フィリピンの各産業のGDP構成比を見ていきましょう。

フィリピン産業構造

出典:フィリピン経済概要

非常にバランスのよい産業構造ですね。

新興国は農林水産業がはじめは多くを占め、サービス業にシフトしていきます。

一つ目のグラフを見るとサービス業がすでに6割近くを占め、段階的に経済成長していることが読み取れます。

現在は人件費の安さから製造業が中国などからシフトしてきており、

しばらくはこの製造業の比率が上昇し、一人当たりGDPが10,000ドルに近づいたところで金融業など、

知識集約型へと産業シフトしていくのです。

フィリピンの輸出入先・他国に依存性はあるのか?

貿易相手が例えば中国などに依存してしまっていると、

中国の経済減速が進めばそのぶん煽りを受け、フィリピン経済の成長にもブレーキがかかってしまいます。

→ 中国経済の実態は崩壊寸前??2018年からの中国の成長可能性について徹底分析

まずは、輸出産品をみてみましょう。

(1)輸出:電子・電気機器(半導体が大半を占める),輸送用機器等

(2)輸入:原料・中間財(化学製品等の半加工品が大部分),資本財(通信機器,電子機器等が大部分),燃料(原油等),消費財

(引用:外務省

原料を輸入し、フィリピンで組み立て、機器を輸出している流れが読み取れますね。

上記で述べた製造業による部分ですね。

では肝心の主な貿易相手はどこになっているのでしょう。

貿易相手国・地域(出典:フィリピン国家統計局)

(シェア順)
(1)輸出(2016年)
日本(20.7%),米国(15.4%),香港(11.7%),中国(11.0%),シンガポール(6.6%)
(2)輸入(2016年)
中国(18.5%),日本(11.8%),米国(8.9%),タイ(8.0%),シンガポール(6.6%)

(引用:外務省

なんと輸出先は日本が約21%とシェアトップとなっていますね。

フィリピン経済成長において日本は責任重大です。

次いで米国、香港と続きようやく中国です。

ASEAN諸国は中国に依存しているのが通常ですが、

フィリピンは安定した先進国向けに貿易相手がおり、非常に安心できる構造にあります。

輸入に関しても中国がトップにきますが、やはり次いで日本と米国が続きます。

フィリピンは他のASEAN諸国が中国、ASEAN諸国に過度に依存しているにも関わらず、日本と米国、西側諸国を大きな取引先とし、良質な貿易先の構造を作っています。

非常に優秀と言わざるを得ない外交策ですね。

この点は非常に安心です。

この記事のまとめ

フィリピンのファンダメンタル分析は以上ですが、

次回は実際に新興国株式市場の中で、

ロシアは投資適格があるのかどうか、為替動向はどうかという点を具体的に解説していきたいと思います。

この記事のまとめとしては、

  • ドゥテルテ大統領はフィリピン国内で特に治安が悪化していた地域の治安を改善させたことが評価され2016年に大統領に就任。
  • 2015年〜2016年の間に投資や個人消費など内需が拡大し景気が加熱、輸入の増加により経常収支は悪化。
  • フィリピンのインフラはASEAN主要6カ国の中で最も低い水準であり早急なインフラ整備が必要不可欠となっている。
  • フィリピンの経済成長率は現在6%台をキープ。
  • 出稼ぎ労働者の海外送金、国内コールセンターの拡充、治安改善による海外企業呼び込みが功を制しており、成長が進んでいる。
  • 一人あたりGDPは3,000USDほどとなっており「中所得国の罠」まではまだまだ遠く、労働集約型産業で成長が継続する。
  • 一貫して毎年人口が増加しておりIMFの予測では2023年には1億2000万人に届くかどうかという数字になっていいる。
  • 人口ピラミッドも理想的でありさらなる経済成長が見込まれる。
  • フィリピンは現在は人件費の安さから製造業が中国などからシフトしてきており、しばらくはこの製造業の比率が上昇する。
  • フィリピンは輸出入ともに安定した先進国向けに貿易相手がおり、非常に安心できる構造にある。

と言ったところです。

日々の情報収集は怠らないようにしましょう。

【フィリピンの為替リスクを分析】
フィリピン株式投資を行う際の為替リスクを金融政策・インフレ・国際収支から考える

【フィリピンの株式投資の魅力・リスク・見通しを分析】
フィリピン株式投資を市場平均・個別銘柄の観点で見通しを分析

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です