日本生命グループ運用の『ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)』を徹底評価

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)の評判は?

今後の経済成長が見込まれるインドの投資信託について、様々な記事で見ていますが、

今回は「ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)」について解析していきたいと思います。

他投資信託については以下の記事群にまとめていますので、

参考にしてみてくださいね。

インドの投資信託をおすすめランキング形式で紹介~ベスト3の今後の見通しは良好?~

⇒ ドイチェグループ運用の『ドイチェ・インド株式ファンド』!成績は凡庸だが目線は悪くない?
⇒ 超一流金融グループ運用の『JPMインド株アクティブオープン』は何故低いリターンなのかを紐解く
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判の『iTrustインド株式』は投資妙味があるのかを分析!肝心の成績面は大丈夫?
⇒ 直近低リターン・ハイリスクの『新光ピュア・インド株式ファンド』は高手数料で投資先として適格とは言い難い
⇒ ハイリスク・ローリターンの『イーストスプリング ・インド株式オープン』はアクティブ型投資信託として魅力は低い
⇒ 評判の『高成長インド・中型株式ファンド』を徹底評価!確かにインドの中型企業の業績・株価は堅調だが運用成績は?
⇒ 『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

→ インドの国内ETFである銘柄1549と1678を比較分析- 高い乖離率が問題点 –

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの概要・運用方針

ニッセイ・インド厳選株式ファンドとは、

2018年3月26日から運用を始めたまだまだ新しい、

マザーファンド(以下の仕組み参照)を通じて、インド株式への投資をメインで実施しているのが特徴となります。

委託会社・ニッセイアセットマネジメント株式会社(日本生命の連結子会社)が、

「リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント」

からインド株式市場に関する調査・分析等の助言を受けつつ、

運用を実行しており、分配は年に4回としています。(為替リスクのヘッジはなし)

リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメントとはインド・ムンバイの資産運用会社であり、

「日本生命保険相互会社」、つまりニッセイが49%所有している会社ですね。

日本生命保険相互会社(社長:筒井義信、以下「当社」)は、リライアンス・グループ傘下の資産運用会社リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社(CEO:サンディープ・シッカ、本社:ムンバイ、以下「RNAM」)に対して、

2012年8月に26%を出資し、2015年10月にRNAMの親会社リライアンス・キャピタル社と最大49%までの引上げに合意して以降、段階的に出資比率を高めてまいりました。

本日、発行済株式数の4.43%の追加取得を完了し、出資比率を44.57%から49%に引上げました。

(引用:日本経済新聞

同社はインド債券・株式、金などを投資対象として運用商品を提供しており、

運用資産規模も6.7兆円と大規模です。

ファンドの仕組みとしては以下の通りとなります。

ファンドの仕組み

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの仕組み

一般投資家のあなたはまず、

「ベビーファンド」であるニッセイインド厳選株式ファンドに出資し、

ベビーファンドは「マザーファンド」を経由して、

インドの株式などに投資し運用益を出し、

そこからまた投資家まで分配が流れていきます。

少し複雑ですが、多くのベビーファンドが他にもあり、

マザーファンドに預け入れ金額規模を大きくした上で運用をした方が運用益をあげやすいということですね。

ニッセイインド厳選株式ファンドはベンチマークではなく、

ポートフォリオを現地アセットマネジメント会社の助言を通じて構築し、

リターンを目指していくという形を取っています。

ポートフォリオ構築プロセス

出典:目論見書

それではニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績をみていきましょう。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績

以下はニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績です。

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)

出典:ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)

着目すべきはトータルリターンであり、1ヶ月で1.20%、3ヶ月で2.23%となっていますね。

トータルリターンとは、手数料、受け取った分配金などを含め、

期間中にどれだけ値上がりしたかを示します。

さて、このトータルリターンを他の投資信託と比べてみましょう。

他インド株投資信託との比較- 相対的に低いパフォーマンス –

トータルリターンが3ヶ月で2.23%となっているニッセイインド厳選株式ファンドですが、

他のインド株投資信託との比較を見ると、相対的にパフォーマンスが低いことがわかります。

インド投信比較

出典:ファンド比較

新生・UTインドファンドの16.97%/年のトータルリターンを見るとやはり霞んでしまいますね。

高成長インド・中型株式ファンドとHSBCインドオープンに比べればましですが、

経済成長が爆発的に起こっているインドに投資している割には、

リターンは小さいと思わざる得ません。

比較するとよくわかりますが、やはり新生・UTIインドファンドが今は有望銘柄となるでしょう。

更に注目したいのは標準偏差の高さで、ニッセイ・インド厳選株式ファンドは上記4つのファンドの中でもトップです。

標準偏差は投資の世界ではリスクとして認識されており、価格変動のブレ幅ということを意味します。

ブレ幅が最も見込まれる商品ということですね。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの手数料

ニッセイ・インド厳選株式ファンドは、

インドのリサーチ(運用)会社(リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント)からの情報取得、

助言などの費用も掛かり、

インド株の市況をリサーチ、ポートフォリオ組成など手間暇+人件費がかかることから、

どうしても手数料は高くなってしまいます。

購入手数料は購入時に基準価額に対して3.78%(税込)、信託報酬は年率1.89%が定められています。

手数料に見合うパフォーマンスが見込まれるのであれば納得のいくところですが、

現状の運用成績ですと厳しい部分がありますね。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドのまとめ

ニッセイ・インド厳選株式ファンドは、

株価上昇が期待されるインド株を厳選して投資運用するまさにインド株の「プロ」である位置付けで、

一般投資家を集めていますが、現状まだまだ運用成績が芳しくなく、

トータルリターンも低く、標準偏差も高いため、あまり魅力的な投資先とは言えません。

新興国投資関連についてはランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、

ぜひ確認してみてくださいね。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です