エクセレントカンパニー厳選投資・評判の『三井住友ニュー チャイナファンド』の今後の見通しは?運用成績と合わせて解説

 

資産運用を考えている人の中には「中国」への投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託でしょう。

中国については以下の記事で論じていますが、

投資信託を購入する場合、つまり企業の運用のプロに任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

→ 中国経済の実態は崩壊寸前??2018年からの中国の成長可能性について徹底分析

→ 中国のGDPは嘘であり水増しされていると考える根拠を4つの側面から解説する

→ 中国株式投資を市場全体・個別銘柄の観点で分析~おすすめの新興国を探せ!~

今回はその投資信託で中国株を組み入れている

「三井住友ニュー チャイナファンド」

の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

その他の中国投資信託については以下で分析をしているので参考にしてみてくださいね。

→ 【中国株投資信託】10商品を比較検討・おすすめの投資先は結局どこなのか?

三井住友ニュー チャイナファンド- 概要と運用方針 –

三井住友ニュー チャイナファンドは海外のアジア株式を対象に運用をする「ファミリーファンド」です。

三井住友・ ニュー・チャイナ・ ファンド

出典:目論見書

ファミリーファンドと言えば、以前に紹介している「UBS中国株式ファンド」と、

「HSBCチャイナオープン」と同様の形態ですね。

→ 評判のUBS中国株式ファンドの運用成績・見通しを徹底解説

→ 評判のHSBCチャイナオープンの運用成績・見通しを徹底解説

投資方針は以下のように開示されています。

① エクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

中国国内で事業展開している企業の中から、中長期的な運用視点に基づき、 各業種毎に競争力の強いエクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

② 新規公開企業にも選別投資します。

中国を代表する企業の新規公開にも着目し、 選別投資することにより、より高い収益確保を狙います。

③ 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

④ 実質的な運用はスミトモ ミツイ アセットマネジメント(ホンコン)リミテッドが行います。 

運用プロセスも細かく開示されています。

三井住友・ ニュー・チャイナ・ファンド運用プロセス

出典:目論見書

5000銘柄から500-550銘柄まで絞り込み、

各拠点アナリストやファンドマネジャーが企業訪問を行い調査、分析し、

アナリスト会議→香港、東京、上海支店で投資方針を決定したあとに、

ファンドマネジャーが銘柄を選定しています。

主要組み入れ銘柄は以下の通りとなっています。

三井住友ニューチャイナファンド組み入れ銘柄

出典:目論見書

ケイマン諸島となっていますが、これはタックスメリットを生かしているアリババと騰訊ですね。

中国株投資信託は基本的にアリババと騰訊は必ず組み入れていることがわかります。

三井住友ニュー チャイナファンドは中国経済の今後の成長を見越し、

株式投資を実行し、運用益を上げていく方針ですが、

どのくらいのパフォーマンスを実際に出しているのでしょう。

三井住友ニュー チャイナファンドの運用成績・パフォーマンス

三井住友ニュー チャイナファンドはベンチマークを設けていないので、

基準価額、トータルリターンを見ていきましょう。

以下は過去3年の三井住友ニュー チャイナファンドの基準価額の推移ですが、

2018年初旬をピークにその後は下降していることがわかります。

三井住友ニュー チャイナファンド基準価額推移

出典:三井住友銀行

すでに中国は株式バブルも終了しており、

2018年には米中戦争など国際情勢も危うい展開にあり、株式市場も不調ということでしょう。

では、トータルリターンはどうなっているのでしょう。

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドパフォーマンス

出典;モーニングスター

トータルリターンは年率でそれぞれ1年で▲7.07%、3年で4.03%、5年で9.57%となっています。

5年で9.57%の利回りは優秀な部類に入っていますが、これは中国の株式バブルの影響もありますね。

これだけでは本当の三井住友ニューチャイナファンドの真の実力は測れませんので、

他の中国株式ファンドと比較してみましょう。

他の中国株投資信託との比較

今回は以下の4つの投資信託を比較してみました。

  • 三井住友ニューチャイナファンド
  • 三菱UFJチャイナオープン
  • HSBCチャイナオープン
  • UBS中国株式ファンド

を比較してみました。

ファンド比較

出典:モーニングスター

まず、トータルリターンは1年、3年、5年と圧倒的に最下位ですね。

入念にリサーチしていることを開示していますが、この成績はパッとしません。

マイナスを出していることは投資家にとって複利の観点からもかなりネガティブです。

並べてみると、中国株ファンドで運用成績をここ1年でプラスに保っているのは、

UBS中国株式ファンドだけですね。

中国の実態、情勢的にも仕方のないことですが、

個人投資家としては避けたい市場です。

中国は2000年代こそ大幅に経済成長してきましたが、

GDPに占める投資の割合が45%を占め、2014年時点には個人消費が40%を切っており、

過剰開発が今しわ寄せで経済自体が危うい状況になっています。

当然株式バブルも崩壊しておりますので、やはり今は中国は投資すべき対象として私は見れません。

三井住友ニュー チャイナファンドの高い手数料

最後に三井住友ニューチャイナファンドの手数料を確認しておきましょう。

三井住友ニューチャイナファンドの購入手数料は3.24%(税抜3.00%)ですね。

中国株式で運用する投資信託と購入手数料の相場は変わりません。

一般的な投資信託のアクティブ型とも手数料は同様です。

信託報酬は年率で1.944%(税抜1.8%)となります。

信託手数料はとても高い水準にあります。

これは上記で述べたようにマザーファンドを通して、

ボトムアップ型の入念なリサーチによる調査費、

企業訪問などにかかる人件費がかかることから高い値段で設定されています。

参考までに、以下は金融庁が発表している日本の投資信託のアクティブ型の手数料平均です。

アクティブファンド手数料

平均値と比べても、やはり海外投資ですから、コストは高くなってしまいますね。

三井住友ニュー チャイナファンドのまとめ

三井住友ニューチャイナファンドは、

株価上昇が期待される中国株を厳選して投資運用するまさに中国株の「プロ」である位置付けで、

一般投資家を集めていますが、すでに株式バブルは終えており、

今後の中国の見通しを考えると、

基準価額も低下しており、トータルリターンもこの1年はマイナス運用ですので、

あまり魅力的な投資先とは言えません。

もし魅力的な投資先を探しているのであれば、

私が独自で作成している新興国投資関連について、

ランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、

参考にしてみてくださいね。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です