先進国の仲間入り間近のマレーシア株は停滞気味?株価指数とおすすめの銘柄を徹底分析。

今までマレーシア経済の現状と財政状況とマレーシアの通貨リンギットの見通しについて説明してきました。

本日はいよいよ本題となるマレーシア株式市場の魅力について、市場全体、個別銘柄と分析していきたいと思います。

マレーシア経済・財政と為替のおさらい

それではまず前回までのおさらいを簡単に纏めていきます。

【経済】
マレーシアはシンガポールに続いてASEANで一早く発展している。

発展途上国がぶち当たる中進国の壁である1人あたりGDP10,000USDの水準を超えてきており、産業構造も高付加価値のサービス業に軸足が移ってきている。

しかし、当然のことながらベトナムやフィリピンのような発展黎明期の国に比べると、成長率は低い。

今後の問題点としては非常に大きい家計資産の債務が個人消費(国民の消費)に重くのしかかり成長が減速していくことが予想されている。

【財政】
マレーシアの政府債務はGDP比率は60%と東南アジアの中では最も重い債務比率です。

日本のGDPの比率230%に比べると大したことない水準に思いますが、日本は家計資産で政府の債務を賄っております。

しかし上述の通り、マレーシアは家計資産が寧ろ借金を背負っているので政府の債務を外国人の資産に頼っています。

結果として外国人保有比率が30%という水準になっています。

外国人は状況によっては本国に資金を引き戻す為にマレーシア国債を売り払う為、マレーシア国債金利の急騰を伴って更に財政を圧迫する可能制があるのです。

すると財政懸念から通貨や株も売られるので株式市場にも甚大な影響が起こり得るという構造的欠陥を抱えているのです。

【為替の見通し】
通貨マレーシアリンギットは経済の実力に対して下落し続けており、マレーシア中央銀行は危機感を持ち輸出業者が輸出代金をリンギットに75%買えなければいけないといった為替管理政策を施行している。

国際収支もマレーシアに流入超となっていることから、今後は多少持ち直すことが期待されることから株式市場にとってはポジティブな内容になっている。

マレーシア株式市場の現状ーチャートとPERを日経平均と比較ー

それでは本題のマレーシア株式市場の現状にうつっていきたいと思います。

青:マレーシア総合指数 赤:TOPIX

マレーシア株式指数とTOPIX

形としては2014年以降伸び悩んでいるのが分かります。

特に昨年度の新興国が大きく値上がり(+37.28%)した局面でも停滞しているのはモメンタムが非常に悪いですね。

結果的にリーマンショック以降でいうとTOPIXと変わらない成績となっています。

現在のPERは15倍、PBRは1.5倍と高くもなく安くもなくという状況です。I(日経平均はPER12.7、PBR1.4なので大差はないですね)

全体として成長率が特に高いわけでもなく、特段割安でもないという状況ですね。

マレーシアのおすすめ個別銘柄を紹介ー事業内容・配当利回り・割安度

全体として魅力にはかけるマレーシアの株式市場ですが個別銘柄の中には有望なものも存在していますので紹介します。

エアアジアグループ

エアアジアグループは航空を始めとして金融業を含めたコングロマリットです。

日本でいうところの航空業に軸足をおいた総合商社ににたものと捉えていただければと思います。

三菱商事や三井物産というよりは豊田通商と同様と考えて頂ければと思います。

主要子会社
投資持株会社:AirAsia Investment Limited、Koolred Sdn Bhd
旅行運営会社:AirAsia Go Holiday Sdn Bhd
航空機リース会社:AirAsia (Mauritius) Limited、Asia Aviation Capital Limited
金融関連サービス:TPaay Asia Sdn Bhd
設備取引会社:Rokki Sdn Bhd
コーヒー・ティー製品取引:T & Co Coffee Sdn Bhd
等々

同社の株式のデータをご覧ください。

PER 7.1倍
PBR 1.4倍
ROE 22.10%
配当利回 3.60%

(2018年8月11日時点)

特筆すべきはPERがが7.1倍という低い水準で割安にい放置されているという点です。

更にROEは22%という非常に効率的な経営を行えているということが分かります。因みに日本は約10%、米国で約12%なので非常に高い数値ですね。

ROEはバフェットも注目している指標です。

同社の非常に見にくいIRも確認しておりますが、特に利益が落ちこんでいるというわけでもないので、ネガティブな要因で割安に評価されているというわけでもなさそうです。

エアアジアの値動き

下値を切り上げていく形となっているので、形状としても良い形をしておりますね。

サイム・ダービー

サイム・ダービーもエアアジアと同様の投資持株会社。

同グループは6つの事業区分で構成されています。

自動車事業:車両の組み立てと販売・アフターサービス
プランテーション事業:パーム油の生成
産業事業:重機の貿易・賃貸サービスの提供
不動産事業:娯楽施設の管理
エネルギー事業:エンジニアリング・サービスの提供・管理
その他事業:医療・保険サービス等

 

PER 23.0倍
PBR 0.44倍
ROE 1.48%
配当利回 8.70%

(2018年8月11日時点)

利益が落ちこんでいる為、PERから見ると割高ですがBSからみると割安でPBRは0.44倍となっています。

新興国の資産の価値については疑問が残る点が多いですが、マレーシアでしたらある程度信頼はできるでしょう。

何よりも特筆すべき点は配当利回りの高さで8.7%となっています。

日本の配当利回りが2.0%程度なので非常に高いですね。日本株で最も高い配当利回りを誇っているのは、丸三証券の7%なので日本には存在しないレベルの配当金となります。

サイムダービー株価

チャート上も底を打って上昇している局面となっているので、買いやすい形であるといえます。

マレーシア株はSBI証券と楽天証券で簡単に購入可能

マレーシア株は代表的なネット証券である楽天証券とSBI証券で簡単に購入することが可能です。

市場全体に投資をしたいのであればETFという選択肢もありますし、そのまま個別株に投資をすることも可能です。

またテーマにそった投資信託もあるので検討してみても良いでしょう。

【参照】
ETFは儲かるのか?仕組みとメリット・デメリットをわかりやすく解説

マレーシア株式投資の総括

マレーシアの株式市場は全体としては割安ではなく、成長力も他のASEAN諸国と比べて乏しいということもあり投資するメリットはあまりない。

一方、個別株ベースでは割安度・配当利回りの観点から投資を検討するに値する魅力的な銘柄も存在している。

しかし、各銘柄も実際のところの事業内容や利益推移についてはマレーシアの会社のホームページを見て投資家向け資料を読み込まなければいけません。

米国や日本の投資家向け資料は洗練されており例え英語であっても見やすいのですが、新興国の財務諸表は非常にみにくく相当な会計の知識が必要となります。

その為、投資をする際は見えにくいリスクを抱えている可能性を常に念頭におきながら注意を行う必要があります。

おすすめの新興国株式への投資手法

確かに新興国株は非常に魅力的な投資先として身近になりつつあります。

しかし、本当に新興国株で稼いでいくのであれば大変な労力が必要となります。

投資対象国の経済分析を行うのも手間がかかり、為替の見通しを考えた上で株式市場の分析を行わなければいけません。

そして先程お伝えした通り、個別銘柄の分析ともなると日本の証券会社からは表面的な情報しか提供されておらず個人では確りと分析するのがほぼ不可能な状態となっているのです。

私は成長力が高い新興国の中でも更にポテンシャルが高く尚且つ割安に放置されている国に投資を行うことにより大きな利益を獲得することが出来ると考えています。

魅力的な新興国

成長力が高い国は探すには比較的簡単なのですが、割安な株式市場ではそもそも個人投資家が投資できないという高い参入障壁がある国が多いのです。

その為、魅力的な新興国への投資の許可を得ている投資ファンドに投資を任せることにより大きな利益を苦労なく得ることが出来ると考えています。

私は投資のパートナーとして新興国株を投資戦略として2018年4月から運用を開始しているフロンティア・キャピタルへ投資を行っております。

同社は日本株での5年間の運用実績を持って第二号ファンドとして満を持して設立されました。

運用開始後最初の3カ月つまり2018年4月~6月の運用成績は16.6%(年率64.0%)という驚異的な実績を叩きだし今後が非常に期待できるファンドとなっています。

労力をかけることなく新興国株投資で大きな利益を狙っていきたいという方には非常におすすめできる投資先となりますので、検討されてみては如何でしょうか。

同社の詳しい説明は以下に纏めていますので、参考にしてみてください!

【合わせて読みたい】
フロンティア・キャピタル~新興国投資ヘッジファンドの実態を解明~

以上、先進国の仲間入り間近のマレーシア株は停滞気味?株価指数とおすすめの銘柄を徹底分析。…という話題でした!

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です