【資産運用】200万円~300万円を素早く大台1000万円に乗せる投資先を紹介

こつこつ貯金をしていたらなんとか蓄えることが出来た200万円~300万円という資産。

出来れば運用によって纏まった資産といえる1000万円に持っていきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

1000万円以上の資産があれば安全に大きく資産を増やすことが可能となりますが、

200万円~300万円を安全に運用していては早く資産を構築することは難しくなります。

 

今回は200万円~300万円を保有している方に向けて、素早く1000万円の資産を達成するための考え方と、

さらに大きく増やすことができる投資先について紹介していきたいと思います。

 

200万円~300万円の投資に分散投資は必要なのだろうか?

良くファイナンシャルプランナーなどの説明にいくと、

「投資には分散投資が基本となります。」

という話を聞くと思います。

 

確かに資産が大きくなり、安定的に資産を増やしていきたい方にとっては重要な考え方でしょう。

年率10%程度の利回りを安全に狙っていくのであれば分散投資は必要になってきますが、資産を大きく増やす局面においては分散投資はむしろ弊害となります。

あのウォーレンバフェットも最初の資産を大きく増やす局面では、自身の資産の4分の3をベンジャミン・グレアム氏が運営する会社に突っ込み、大きな利益を得ていました。

 

またバフェットは現在でも分散投資について以下のように否定的な見解を述べています。

分散投資は、リスクヘッジではなく「無知に対するヘッジ」だ。

自分が何をやっているかわかっていれば、分散投資は必要ない。

 

要はちゃんと投資する対象のことを理解して、論文の一本でもかけるレベルで調べつくしたのなら、

自身をもって投資を出来るはずなのに、分散投資の名のもとに投資先を分割するのは、自分に対する言い訳でしかないと言っているのです。

 

とは言っても数兆円を運用しながら、

確かにあまり分散投資をしていないバフェット氏のような心臓は普通の人(私も含め)は持ち合わせておらず、

ある程度の資産があれば分散投資が精神衛生上も良いと考えていますが、200万円を分割して10%の運用益を得てもちまちまとしか増えないので、

少額にかぎっては分散投資は必要ないというバフェット氏の見解に賛同しています。

 

おすすめの投資先①:3~5年で6倍が狙える100万円から投資できるバングラデシュ不動産

新興国の株式投資の運用が私は主流でしたが、最近は新興国不動産に傾倒しています。

新興国の不動産では、タイ不動産やフィリピン不動産などもありますが、その中でも断然バングラデシュ不動産がおすすめできる投資先となります。

 

バングラデシュの不動産は現時点で不動産価格が急騰する要素が全て整っており、

3~5年で6倍(為替によって4倍~8倍)を狙うことが出来ます。

それではバングラデシュが魅力的である理由を紐解いていきたいと思います。

不動産価格が上昇するのに丁度よい経済レベル

まず最初に経済レベルが挙げられます。

不動産価格の上昇といえばバブル時のイメージが今の世代には多い気がしますが、

実は日本で不動産価格が急騰したのは1960年代の東京五輪の時だったのです。

 

当時の水準が2000年代の中国、そして現在のバングラデシュとまさに同じ水準であり、

まさに不動産価格が上昇する『その時』であるということが出来ます。

 

先程イランの例でも取り上げましたが、新興国ではある程度発展するまでは、

つまり日本でいうと1970年代~80年代に国民に余裕が出来て株式投資が活発となりますが、

それまでは株式市場は上昇せず、寧ろ実需として必ず必要な不動産価格が勢いよく上昇していくのです。

爆発的な人口密度の高さ

以下のような写真を一度は見たことはあるのではないでしょうか。

バングラデシュの首都ダッカの風景

バングラデシュはシンガポールや香港といった都市国家を除けば世界最大の人口密度を誇り、

首都ダッカに関しては断トツの世界No.1の人口密度を誇っています。

 

結構窮屈に思っている東京の人口密度の更に三倍という水準で、

毎年50万人以上が地方から首都ダッカに流入しているということもあり、人口密度は更に高まることが想定されています。

 

当然、不動産価格は人口増加に伴って上昇していくので、人口密度の増価は不動産価格の急騰に直結いたします。

 

「土地」に投資ができる特異性

土地に投資できるのなんて当たり前というのは先進国の考え方です。

新興国ではインドのように外国人の不動産投資を禁止していたり、

中国のように上物の使用権しか外国人には許されていなかったり、

フィリピンのようにコンドミニアムの一部しか保有できなかったりと、

様々な規制が存在しています。

 

しかし、バングラデシュでは新興国では私が調べた中では唯一「土地」に投資が出来るという、

新興国にあっては破格の規制の緩さを誇っています。

 

コンドミニアムでは現地人の需要を取ることができませんが、

土地であれば現地の方々の需要も取り込むことが可能となります。

土地を保有できるかどうかは不動産投資の魅力としては天と地ほどの差があるのです。

なぜゆえにリターン6倍が見込めるのか?

私はバングラデシ不動産に独自のパイプを持ち、土地そのものに投資を行っている、

トップフィールドジャパン」(Top Field Japan)を通じて投資を行っています。

 

同社は既に開発が終わり値段が高くなっている土地への投資は行っておらず、

政府筋から仕入れた今後開発が行われることが確実な更地に投資を行っています。

 

なぜ6倍なのかというと、現在隣のある程度開発された土地の価格まで上昇するだけで、

6倍になるので、これから投資をする土地も6倍上昇する、という根拠と考えています。

 

バングラデシュは何もない更地が数年で町へと変貌するダイナミックさで、

隣の6倍の価格の土地もつい2、3年前までは更地だったのです。

 

少額出資:100万円からバングラデシュ不動産に投資を行う方法は?

理論的に考えてこちらも大きなキャピタルゲインが得られる魅力的な投資先ですが、

なんとTop Field Japanを通じて投資を行うとたったの100万円から投資ができるので、

一度同社が開催しているセミナーに参加してみては如何でしょうか。

↓トップフィールドジャパン(Top Field Japan)のセミナー詳細↓
元テレビ局報道記者のアジア新興国不動産投資セミナー(詳細)

 

同社のセミナー講師は代表が勤めるのですが、

元テレビ局報道アナウンサーとして活躍され、情熱大陸も担当され、投資歴は20年に及び各地や大学等でセミナーを開催している人気の方です。

 

同氏の個人コンサルは時間5万円なので、セミナーに参加されることで10万円以上の価値がありますが、

期間限定で無料となっているのも魅力な点です。

 

また参加しても投資の勧誘が行われることはなく、あくまで投資は自己判断ですので、安心して参加することが出来ますよ。

あくまで位置付けが勉強会であり、理解していない状況で投資をするのは絶対にやめてくださいと代表からも話があります。

新興国のダイナミックな経済成長を肌で感じてみたい、新興国不動産の魅力、事情を知りたい方は、絶対に参加した方が良いでしょう。

それくらい自信がある内容です。

↓トップフィールドジャパン(Top Field Japan)のセミナー詳細↓
元テレビ局報道記者のアジア新興国不動産投資セミナー(詳細)

 

おすすめの投資先②:新興国ヘッジファンド~フロンティア・キャピタル~

私は新興国株式の分析を専門にしているので、まずは新興国株式でも期待できる投資先についてお伝えしたいと思います。

フロンティア・キャピタルは割安で更に成長力が高い新興国に的を絞った投資を行っているヘッジファンドです。

フロンティア・キャピタルの投資対象〜イラン株を例に説明〜

フロンティア・キャピタルが狙う投資先は成長が見込める投資先の中でも、

割安に放置されている新興国です。

フロンティア・キャピタルの投資対象

例えば以前紹介したイランの株式市場などでは以下のように大型銘柄でもPERが4倍~7倍、

配当利回りが20%以上のものまで存在しています。

イラン株の有望な銘柄

また平均的なROEは25%と日米よりも10%以上高い数値を記録しており、

利益の成長率は大きいにも関わらず、大幅に割安で尚且つ高利回りで放置されているのです。

低PER・年率20%近辺の驚異的な高配当利回り銘柄が存在するイラン株に投資を行う方法を紹介

ROEが25%というのは純資産が100億円あるとすると、

翌年度には25億円の利益を生み出すことが出来ることを意味しており、

非常に効率よく利益を挙げられており、配当利回りが20%を出せるのも頷けますね。

なぜイラン株は割安で放置されているのか?

こんなイラン株が何故放置されているかというと理由は二つあって、

一つは2016年まで課されていた制裁が解除されたにも関わらず、

また米国が制裁を課し始めたという外的環境の悪化で株価が上昇するセンチメントが悪いということです。

しかし先ほどお伝えしたように、国内は成長をしており企業利益は飛躍的に上昇しているので、

年々割安になってきており、近い将来適正価格に見直される可能性が高くなってきています。

 

もう一つの理由は外国人に対する投資環境が整っていないことです。

現在イランに投資を出来る投資かの数は企業と個人を合わせてもたったの1000程度しかなく、

本格的に海外投資家が参入してきているとはとても言えない状況になっています。

国内はまだ株式投資が出来るほど裕福ではなく株式投資に資金を回すことが出来ず、

株を購入できないので現在買い手がいないというのが、イラン株が低位に評価されている、

根本的な理由となっています。

しかし、欧州の投資家もイランの株式市場には注目しています。以下一例を紹介していきます。

ニューヨークに本社を置くフロンティア市場投資会社ボルタン・キャピタル・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、アリソン・グラハム氏は「イランが持つフロンティアと先進地域の双方の性質の組み合わせは、魅力的となる可能性がある」と述べた、同氏は「イランには教育水準の高い国民、厚い中間層、相当な産業基盤が存在している。

同時に、成長率やバリュエーション、高い投資収益が得られる可能性は、同国と比較して発展のはるか初期段階にあるフロンティア諸国に類似している」
との見方を示した。

<省略>

一部の西側ファンドマネージャーらはすでに投資を計画している。長い間、目立たないようにしてきたテヘランの金融サービス会社は、イランを訪問してより多くを学ぶことを望む西側投資家の需要に追いつくよう精を出している。
テヘランにある西側規模の数少ないビジネスホテルは常に満室だ。また、西側の事情に通じたわずかな数の金融の専門家たちは、ツアーや説明会のすべてに対応することができない状況だ。
テヘランのイラン・インダストリーズ・インベストメントの最高経営責任者(CEO)、レザ・ソルタンザデフ氏は「毎日、ファンドマネージャーと面談している」と述べた。

(引用:Wall Street Journal)

更にロイターでも。

リチャード・アドレー共同最高経営責任者(CEO)は「イランは皆が完全にアンダーウエートと評価している市場であり、ホットマネーを皮切りに大量の資金が流入するのは明らかだ」と語る。

同氏は、向こう数カ月以内にイランに特化したファンドをローンチする計画で、年末までに1億ユーロの投資資金を集めることを目指している。同氏はまた、イラン株のバリュエーションはPER(株価収益率)が5─6倍と非常に低い、との見方を示した。

(引用:Reuter)

 

上記で紹介したように今後海外投資家をどんどんと受け入れることによって、

株価が適正な水準に上昇していくと考えています。

フロンティア・キャピタルで狙うことができる運用益はどれくらい?

例えば先程例としてあげたイランでっはフロンティア・キャピタルは、

まず適正水準にまで評価されることによって現在の4倍、更に成長を加味すると5年で10倍を狙っています。

当然為替の水準も変化しますし、政治的な不透明性もあるので狙い通りにいく保証はありませんが、

大きな利益を狙うこと理論的に確からしい数少ない投資先であるということが出来ると思います。

↓Frontire Capital解説ページ↓
年率66%利回り?最先端・新興国株投資ファンド『フロンティア・キャピタル』

 

200万円~300万円の資産運用まとめ

200万円から300万円を早く運用して1000万円に到達する為には、

安易な分散投資ではなく高いリターンが期待できる投資先への集中投資が必要になってくる。

現時点2018年~2019年に期待が出来る投資先は、

1番は新興国不動産から100万円からバングラデシュの土地そのものに投資が出来る、

Top Field Japanが合理的に資産を何倍にも出来る投資先。

その次に新興国株式から、魅力的で割安な新興国に厳選投資を行っているフロンティア・キャピタルとなります。

↓トップフィールドジャパン(Top Field Japan)のセミナー詳細↓
元テレビ局報道記者のアジア新興国不動産投資セミナー(詳細)

↓Frontire Capital解説ページ↓
年率66%利回り?最先端・新興国株投資ファンド『フロンティア・キャピタル』

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です