超一流金融グループ運用の『JPMインド株アクティブオープン』は何故低いリターンなのかを紐解く

JPMインド株アクティブオープン

インドの投資信託については注目の新興国ということもあり、

様々な投資信託について今まで分析してきました。

⇒ ドイチェグループ運用の『ドイチェ・インド株式ファンド』!成績は凡庸だが目線は悪くない?
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判の『iTrustインド株式』は投資妙味があるのかを分析!肝心の成績面は大丈夫?
⇒ 直近低リターン・ハイリスクの『新光ピュア・インド株式ファンド』は高手数料で投資先として適格とは言い難い
⇒ ハイリスク・ローリターンの『イーストスプリング ・インド株式オープン』はアクティブ型投資信託として魅力は低い
⇒ 日本生命グループ運用の『ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)』を徹底評価
⇒ 評判の『高成長インド・中型株式ファンド』を徹底評価!確かにインドの中型企業の業績・株価は堅調だが運用成績は?
⇒ 『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

本日は外資系の一流米系銀行と欧州系銀行によって運用されている、

JPMインド株アクティブオープンについて紐解いていきたいと思います。

JPMインド株アクティブオープンってどんなインドの投資信託??

JPMインド株アクティブオープンは米国超一流銀行であるJP Morganの関連会社である、

JP モルガン・アセット・マネジメントによって運用されているインドの投資信託です。

JPMインド幹部アクティブオープンはMSCIインドインデックスに対して、

プラスのパフォーマンスを出すことを目的としたアクティブ型の投資信託です。

MSCIは世界的に有名な指数算出会社で以前特集している通り、

新興国の主要なインデックスであるMSCIエマージング・マーケット・インデックスも設定しています。

新興国インデックスのMSCIエマージングマーケットインデックスをわかりやすく解説

MSCIインド指数はインドの株式市場の上場されている時価総額上位85%を占める、

大型・中型銘柄で構成される指数で、以下のようにMSCIエマージングマーケット指数や、

MSCI BRICS指数を上回るパフォーマンスを示しています。

MSCI Indian Indexのチャート vs MSCIエマージングマーケットインデックス(引用:MSCIインド指数)

現状PERは25倍となっていることから若干割高な感は否めないのが欠点です。

JPMインド株アクティブオープンの業種別・銘柄別組み入れ銘柄

JPMインド株アクティブオープンはMSCIインド指数より高いパフォーマンスを目指して銘柄を組み入れています。

現在のTop10の銘柄は以下のようになっております。

MSCIインド株指数

10銘柄中6銘柄が銀行となっており非常に金融機関偏重型の構成となっていることが読み取れます。

私からすればモディ首相が製造業の続伸を目指すMade in India政策を打ち出し、

金融政策も利下げ局面にあることから、消費関連・製造業のWeightを高めるべきだと思うのですが、

JPMインド株アクティブオープンの業種別構成比率は以下のようになっております。

JPMインド株アクティブオープンの業種別構成比率

銀行セクターの35%は銀行が不良債権処理で苦しんでいた直近の期間にあって、

Overweightしすぎですね。結果として次の項目で説明しますが、低いパフォーマンスとなってしまっています。

MSCIインド指数ですら20%程度であることを考えると、銀行セクターに偏りすぎていると言わざるを得ないでしょう。

JPモルガン・アセット・マネジメントは銀行の不良債権処理は短期的に痛みを伴うが、

長期的には間違いなくプラスであり、

生体認証機能実現による金融サービスへのアクセスのしやすさが進展していることを考えると、

今後挽回できると説明してます。

確かに高額紙幣の廃止によって国民が銀行に預金口座を作り始めたことを背景に、

銀行セクターの業績は上向くことが期待できますが、(⇒ インドの通貨政策と為替リスクを徹底分析)

影響がでるのには時間がかかり、現状軟調に推移しているのであれば、

明確に上向くまでは他の製造業や消費セクターに資金を移しておくべきであり、

パフォーマンスが悪いことに対する言い訳のようにしか聞こえませんね。

JPMインド株アクティブオープンの成績(利回り)をMSCIインド指数や他のインド投資信託をチャートでデータから比較

それでは肝心の成績についてみてきましょう。

以下はJPMインド株アクティブオープンとJPMインド株アクティブオープンがベンチマークとしているMSCIインド指数、

更に優秀な成績を残している新生UTIインド・ファンド、

同じく外資系一流銀行傘下が運用しているドイチェ・インド株式ファンドのリターンの比較ですう。

JPMインド株アクティブオープンとMSCIインド指数と他の投資信託の比較

新生UTIインドファンドやドイチェ・インド株式ファンドのみならず、

プラスの目標を出そうと目標にしているMSCIインド指数に対して大きくアンダーパフォームしていますね。

データ上で見てみましょう。

JPMインドアクティブオープンの利回りをデータから比較

直近3年間のリターンが特にすぐれないことが分かりますね。

これは先ほど説明した銀行への過剰Weightが要因であると思われます。

JPMインド株アクティブオープンのリスク(=標準偏差)をMSCIインド指数や他のインド投資信託をデータから比較

投資を行うのであればリターン(=利回り)だけでなく、リスクにも注意を払う必要があります。

リスクというのは投資の世界では『価格の変動幅の激しさ』のことを指します。

皆さん以下の図のファンドAとファンドBを保有する場合、どちらの方が安心して保有することができるでしょう。

投資におけるリスクの概念を図解

間違いなく一定の速度で上昇するファンドAの方が安心できますよね。

価格がグワングワン動くファンBは怖すぎて仕事に集中できないかと思います。

この価格のブレを投資の世界では標準偏差という指標で表します。

それではJPMインド株アクティブ・オープンの標準偏差を他のファンドと確認していきましょう。

JPMアクティブインドオープンのリスクをデータ上から比較

インド株の投資信託は総じて高いので比較するとリスクが高くないように見えますが、

標準偏差が15%~20%というのは高いリスクを抱えているということが出来る水準です。

JPMインド株アクティブオープンの3年平均リターン4.55%(年率)、3年平均リスク17.82%(年率)から、

今後1年間のリターンは統計的に以下の範囲に収束することが推測されます。

68.2%の確率で
4.55% – 17.82% (▲13.27%) ~ 4.55%+17.82%(+22.37%)

95%の確率で
4.55% – 17.82×2% (▲31.09%) ~ 4.55%+17.82%×2(+40.19%)

大きなドローダウンがあることも想定しないといけないという感じですね。

Middle Return High Riskの投資信託であるということが出来るでしょう。

JPMインド株アクティブオープンの高い手数料

JPMインド株アクティブオープンは他のインドの投資信託と同じく非常に高い手数料となっています。

JPMインド株アクティブオープン

販売手数料3.78%で信託手数料が1.94%ということは、

初年度約6%、翌年度から1.94%の手数料が毎年発生するということになり、

アクティブ型の投資信託の中でも非常に高い水準であるということができるでしょう。

JPMインド株アクティブオープンのまとめ

JPMインド株アクティブオープンはMSCIインド指数に対してプラスのリターンを追求する、

アクティブ型の投資信託ですが銀行セクターに偏ったアセット構成となっており、

直近3年間は他のインド株アクティブファンドや、MSCIインド指数に対しても、

アンダーパフォームしており投資先としてとても魅力的な水準ではない。

そもそもインドの株式市場自体は割高な水準でもあり、投資する際には調整リスクを考える必要がある。

成長力が高く、尚且つ割安な厳選市場に投資をおこなっているプライベートファンドを含めて、

以下ランキング形式で纏めていますので参考にしてみて下さい!

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です