購入・信託手数料が安いと評判の『iTrustインド株式』は投資妙味があるのかを分析!肝心の成績面は大丈夫?

インドは高い成長力を持続し注目の新興国ということもあり、

今まで様々な投資信託について分析してきました。

⇒ ドイチェグループ運用の『ドイチェ・インド株式ファンド』!成績は凡庸だが目線は悪くない?
⇒ 超一流金融グループ運用の『JPMインド株アクティブオープン』は何故低いリターンなのかを紐解く
⇒ 直近低リターン・ハイリスクの『新光ピュア・インド株式ファンド』は高手数料で投資先として適格とは言い難い
⇒ ハイリスク・ローリターンの『イーストスプリング ・インド株式オープン』はアクティブ型投資信託として魅力は低い
⇒ 日本生命グループ運用の『ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)』を徹底評価
⇒ 評判の『高成長インド・中型株式ファンド』を徹底評価!確かにインドの中型企業の業績・株価は堅調だが運用成績は?
⇒ 『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

これらのファンドの共通点として概ね、

購入手数料が3.0%程度、毎年発生する信託手数料が2.0%程度という、

アクティブ型の投資信託の中でも非常に高い手数料形態となっているという欠陥があります。

本日は、インド投資信託の高手数料状態を打破すべく販売されている

iTrustインド株式について特集していきたいと思います。

一見すると驚異的な手数料に見えますが、見かけに騙されてはいけないことも紐解いていきますので、

ご覧頂ければと思います。

iTrustインド株式とはどんなインド投資信託なのか??

iTrustインド株式はピクテ投信投資顧問株式会社によって運用されているインドの投資信託で、

市場平均に対してプラスのリターンを追求するアクティブ型の投資信託です。

ピクテ投信ときくと聞きなれなかたも多いと思いますが、1800年台初頭から事業を行っている、

歴史のある欧米では非常に有名な投信組成・運用会社なのです。

運用方針としては中長期にわたって成長が期待できるインド企業に投資を行います。

ここでいうインド企業とはインドの本拠地を置く、または主たる事業をインド国内でおこなっている企業を指します。

iTrustインド株式の手数料の安さのカラクリ~見かけだけに騙されるな~

冒頭でも申し上げた通り、インドの投資信託は初年度5%(購入手数料3%+信託手数料2%)

更に翌年度からは毎年2%の手数料が発生する、アクティブ型投資信託の中でも高い手数料形態となっています。

インドに限らず新興国の投資信託は概ね購入手数料3%、信託手数料2%(年率)という形になっています。

新興国投資信託のメリット・デメリットを徹底解説

理由として考えられるのは、

  • 株式を購入する場合と購入した時に売却する際に発生する為替手数料(※)
  • 地元インドの資産運用会社に任せている場合、二重で手数料が発生する
  • そもそも新興国株を現地で購入する際の手数料が発生

が挙げられます。

(※)については、例えばFXで現在ドル円が110円だった場合、

購入する価格は110.03円、売却する価格は109.97円と0.05%程度の為替手数料です。

しかし新興国の通貨では同じ瞬間に売買したとしても為替手数料が4%~5%になってしまうことがあるのです。

ファンドが売買を繰り返す限りにおいて経費がかかるので、手数料が高くなってしまうのかもしれません。

新興国の投資信託の手数料全般が高い中においてiTrustインド株式はノーロード投資信託です。

ノーロード投資信託とはNo Loadつまり『積み上げ無し』という名前の通り、

購入手数料が掛かりません。

通常のインド投資信託が3%であることを考えると、購入手数料だけで3%分安いことになります。

更に通常のインド投資信託が毎年信託手数料が約2%なのに対して、

0.8834%+0.054%=0.9328%(年率)と半額以下に抑えています。

iTrustインド株式ファンドの信託手数料

ここまで見れば、確かに購入手数料がなくて、信託報酬も他のインド投資信託の半分でお得だなと考えられる方もいるでしょう。

しかし、ここから何故iTrustインド株式の手数料が低いのかのカラクリを解剖していきます。

皆さん実質的な負担、最大1.48344%という記載が気になった方も多いのではないでしょうか。

これはファンド・オブ・ファンズ形式の投資信託の特徴でもあるのですが、

iTrustインド株式は以下のようなスキームを用いてファンドを運用しています。

つまりピクテが運用しているピクテ・インディアン・エクイティーズを主な投資先として90%以上投資し、

あまった資金を遊ばせるのも勿体ないのでショートターム・マネー・マーケットJPYに投資しています。

iTrustインド株式のファンド・オブ・ファンズの仕組み

そして、ピクテ・インディアン・エクイティーズの信託手数料が0.6%で、この信託手数料が差し引かれた結果が

iTrustインド株式の成績にそもそも反映されているので実質的な信託手数料が、

iTrustインド株ファンド0.88344%(年率) +  ピクテ・インディアン・エクイティーズ0.6%(年率)

= 1.48344% (年率)

ということになります。

あれ、ちょっとまてよ。。

ピクテの投資信託iTrustインド株式が更にピクテのファンドであるピクテ・インディアン・エクイティーズに投資し、

両方とも手数料を取るって、それ手数料の二重取りですよね??

と勘の良いからなら気付かれたかたもいらっしゃると思います。

そうなんです。結果見た目上は低い手数料に見せかけて、

ピクテ全体としては確り1.5%の手数料を取っているのですね。

『美しい花には棘がある』とはまさにこのことですね。

実質的な手数料を考えると、決して著しく安い信託報酬というわけではないことが分かりました。

iTrustインド株式の成績(利回り)

本質的なのは手数料の高さではありません。

例え手数料が10%であったとしても利回りが30%あれば文句はありませんが、

手数料が1%でも利回りがマイナスだったら結果的にマイナスになり不満ですよね。

肝心のiTrustインド株式の成績なのですが、2018年4月3日から運用が開始されたので、

5カ月ほどのトラックレコードしかないのですが、以下のような成績となっています。

iTrustインド株式

MSCIインド10/40指数が13%程度上昇している中において、

iTrustインド株式の基準価格は2.5%程度の上昇になっています。

指数より高い成績を狙うアクティブ型の投資信託としては不十分な成績と言わざるを得ませんね。

コラム:MSCIインド10/40指数って何??

MSCIの指数は有名ですが、その中のシリーズの一つに10/40指数があります。

通常のMSCIインド指数はインド株式市場の時価総額上位85%の銘柄の時価総額加重平均指数ですが、

MSCIインド10/40指数は

1銘柄の構成比率が10%を超えないように
構成比率5%を超える銘柄の合計が40%を超えないように

新興国市場は巨大な企業が複数存在しているので、

大型銘柄の影響率をさげるために10/40シリーズが組成されているのです。

iTrustインド株式のまとめ

手数料が安いと話題になったiTrustインド株式ですが、

確かに購入手数料は0で画期的なのですが、信託手数料は見た目上は0.9%未満(年率)と

安いのですが、投資しているファンドの手数料まで加味すると実質的に1.5%(年率)となり、

特段安いということは出来ない水準になっている。

更に、重要な成績は運用年数が5カ月と短いがMSCIインド10/40指数を大幅にアンダーパフォームしており、

投資先として適当であるとは考えられない。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です