保険積立型で1000万円を目指す?効果的な資産運用でより大きな資産を手にしよう

保険積立型で1000万円を目指す?効果的な資産運用でより大きな資産を手にしよう

 

あなたは生命保険に入っていますか?

そしてそれは掛捨型ですか?それとも積立型?

積立型であれば、その資産運用、正しいですか?

資産運用はどこに投資をするかで未来が大きく変わってしまいます。

それだけ重要なものですから、慎重になるのもわかりますし、

資産運用の方法が多すぎるのも、人々を悩ませるタネとなっています。

例えば、保険で積み立てで30年後に1000万円を目指す、

という選択肢をとる人は私の周りも含めてとても多いです。

やはり「元本保証型」というのが魅力的なのでしょうか。

今回は資産運用には保険を選ぶべきではないという点を解説していきます。

保険と言えば「掛け捨て型」と「積立型」

保険と言えば掛け捨て型と積立型の2種類がありますよね。

掛け捨て型はシンプルに本人が死亡した際に保険金が支払われるものです。

構造としては少しニュアンスが難しいですが、早期に死亡した場合は、

支払った金額より大きな金額が遺族に支払われることになり、

長生きすれば長生きするほど、支払額の方が大きくなっていくというものです。(相当な期間を要しますが)

また、保険の種類にもよりますが、病気になっても、

保険プランによっては補助金が支払われます。

保険周りのトラブルは昔から多いですよね。

「保険金殺人」など、保険を掛けた上ですぐに殺害し、

自分が保険金を受け取るといった悪質なものが社会問題にもなりました。

その他にも保険加入者が癌を患ってしまったが、保険会社のプランには該当しない、

として、その保険会社の対応に対して裁判を起こした方もいます。

やはり健康に関することですから、トラブルは絶えないわけです。

積立型保険は保険会社と保険加入者の間で「満期」を設定し、

その時まで定額で支払い続けます。

掛け捨てでは、例えば30歳から60歳まで支払っても、

お金は一切返ってきませんが、

積立型は満期にこれまで支払った金額に加えて、さらに上乗せされた金額が返ってくるのです。

これを資産運用と捉え、満期まで頑張って払うぞ、という人も少なくありません。

確かに自分が死亡した時に備えて保険を掛けて、死亡しなかったらお金が多く返ってくるというと、

非常に魅力的ですよね。

しかし、そううまい話はあまりなく、掛け捨て型よりもはるかに支払額も高く、

積み立てている間は資金が拘束されてしまうというデメリットがあります。

保険の積立型はどれくらいの資産まで増やせるのか?

保険の積立型は、私が仲の良い保険会社の営業員の方との話では、

大体が月々3万円を30歳くらいから積み立て始める人が多いとのことでした。

3万円/月×12ヶ月×30年ですから、1080万円を積み立てるわけですね。

問題は上乗せ分ですが、保険会社は保険加入者から集めた資金で運用を行いますので、

運用から得た利益から満期支払いをした人に分配をします。

保険会社の特徴として、海外債券や国債などで運用をするのがメインとなりますので、

保険会社の利回り自体は3〜6%が良いところだと思います。

肝心の保険加入者への分配利回りは約0.3%程度です。

少ないですよね。

最終的に保険加入者が満期まで支払いをした場合は、約1200万円程度の受け取りとなり、

つまりは30年間で運用益は200万円程度となるのです。

私であれば、このような利回りであれば間違いなく掛け捨てで安い保険で済ませ、

大事な資金はもっとリターンの大きい資産運用に振ります。

コラム:〜保険会社のビジネスモデルを理解しよう〜

保険会社はどのように利益を得ているのでしょう。

それは上述しましたが、「運用」ですね。

保険会社は死亡した時にお金を支払いますよ、と保険加入者を説得した上で、

毎月お金を支払ってもらい、そのお金を大規模に集めて、

資産運用をしていきます。

つまり、お金を集めれば集めるほど、保険会社の資産は増え、運用益も拡大していくというビジネスモデルとなるわけです。

保険会社にとって困ることは何になりますか?

それは多くの人が死亡してしまうことですね。

掛け捨て型の保険に入っている人にも多くのお金を払うことで、

支払ってもらった金額を上回る保険金が会社から出ていくことになります。

これは運用資金の減少を意味します。

例えば、2011年の3月に東北大地震が起こり、多くの人がなくなりました。

この際に保険会社の支払いは非常に大きかったと思います。

そして、もう一つ着目して欲しいところがあります。

それは、大地震が起こり、日本経済が大打撃を与えることになったというのに、

「円高」が大幅に進んだことです。

これはどういうことでしょうか?

それは生命保険会社、そして損害保険会社、東京海上や三井住友海上などですね。

これらの会社が海外商品で大量に資産運用をしているため、

保険金の支払いとなった時に海外資産を取り崩すことになるのです。

そして保険会社が円を海外からかき集めることになるので、円高はもちろん進みます。

このことを知っている投資銀行やヘッジファンドなども、流れに乗ってとにかく円を買うことに走ることになるのです。

震災が起きているのに強くなる円、不思議ですよね。

これは別の記事でも解説したいと思いますが、日本は官民双方が海外資産に大きく資産運用は振り分けているのです。

保険積立以外の方法で資産を築くべし

保険積み立てで運用するには時間も掛かりますし、リターンも小さい。

確かに積立型の方が掛け捨て型よりもプランの内容にメリットがある場合も少なくありません。

万事に備える、という意識は理解しますが、本当にそこまで民間の保険会社に頼る必要があるのでしょうか?

年金も調べてみれば病気になった時、障害を持ってしまった時の補助が非常に手厚いのです。

生命保険で高いプランに入っている方の特徴として、

国が出している保護にあまりにも無頓着すぎるのではないか?ということです。

私も実際に掛け捨て型の保険には加入していますが、残りの資金は全て高いリターンを見込める資産運用を選んで、

保険会社のプランすら必要のない資産を築けてきています。

保険会社の積立型に入ってしまうと資金拘束が長く、満期まで引き出せない場合や、

高い違約金が必要となってしまうことが多々あります。

であれば、500万円程度までは頑張って貯金して、

高利回りのヘッジファンドに預けるなどして投資元本を大きくし、

毎年10%程度の利回りを安全に運用できるファンドに移すなど、

いくらでもやりようがあります。

しかしここまで辿り着ける人は日本の金融教育が未熟であることを考えると、仕方がないのかもしれません。

私がこのブログを解説した理由にもなりますが、

日本の資産運用のリテラシーを高めたいと思っています。

しかし、日々忙しい会社員には厳しい面もあります。

本来は金融は会社に入る前に学んでおかなければならない科目なのです。

このような時に一番おすすめなのが「資産運用は徹底的にプロに任せる」ということです。

以下の記事では私が運用をお願いしているヘッジファンドを紹介していますので、

200-500万円程度まで貯金ができた人は、まずは問い合わせて話を聞いてみると、

自分の運用方針などが理解できてくると思います。

→ 【2018年おすすめ資産運用法】1000万円→1億円にする高利回り投資先を紹介

→ 1000万円を10年で運用する場合、投資先はどこがベストなのか?

老後に向けて、着実に資産を運用し、自分の金融リテラシーもどんどん向上させていきましょう。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です