魅力的なインド株式市場は成長を織り込み株価は割高で現段階での投資はおすすめできない?今後の見通しと共に徹底解説。

今までインドの経済・政治・財政と為替の見通しを分析してきました。

今回はインドの株式市場は市場全体として個別銘柄単位としてどうなのか、

という点についていよいよ切り込んでいきたいと思います。

インドの政治・経済・財政のおさらい

まずインドの経済・財政と政治のおさらいをしていきたいと思います。

インドの経済・財政・政治を分析~ファンダメンタル分析~

政治は安定政権であるモディ首相のもと、規制緩和や投資受入れの政策のほか、

高額紙幣取引の禁止といった将来的に間違いなくプラスになる政策を実施しています。

経済はいわずもがなですが、世界最大の経済と優秀な人材市場があいまって、

今後最も成長が期待できる新興国市場の一つになっています。

一方、財政は課税基盤がしっかりしていない為、国民からしっかりと税を徴収できておらず、

新興国の中では高いGDP比債務比率70%となっています。

新興国の国債利回りは高いので利払い費用に財政がひっ迫し、

必要なインフラ投資が出来ないという点が懸念されています。

しかし、モディ政権によって課税基盤は強化されているので、財政問題は次第に鎮静化していくでしょう。

インドの為替のおさらい

それではインドの為替についておさらいしていきましょう。

インド株式投資を行う際の為替リスクを金融政策・インフレ・国際収支から考える

インドの通貨ルピーはリーマンショック以降下落基調でしたが、直近はインドの中央銀行の利上げや、

国際収支の改善もあり、安定して推移しています。

 

インド株の市場平均SENSEX指数をチャートと指標から分析

まずは指数の動きからみていきましょう。

インド株指数であるSENSEX指数は堅調な経済、安定した政治体制によって、

この10年間で約150%の上昇と非常に堅調な動きをしました。

因みにSENSEX指数は1875年に設立されたボンベイ証券取引所に上場されている銘柄の中から、

30銘柄を厳選して指数を構成しており、金融や情報通信の比率、財閥の比率が高いという特徴があります。

Sensex Index

以下にTOPIXと値動きを比べてみました。

TOPIXが沈む局面が何度もあるのに対して、SENSEXは常に堅調な値動きをしていることが分かりますね。TOPIX vs SENSEX

結果としてPERは22倍(日本は12倍)と将来の成長を織り込んだ割高水準となっており、

長期的な視点では非常に魅力的ではありますが、現時点で投資先として魅力的な水準ではなさそうですね。

インド株市場平均に連動するETFや投資信託に投資する際の注意点

市場平均に連動するETFに投資をするというのが有効な選択肢になります。

ETFについては以前『ETFをわかりやすく解説』で詳しく説明しておりますので、

今回は説明は割愛しますが、簡単にいうと市場が開いてるときに株式と同様に常時取引できる、

特殊な投資信託ということです。

私もインド経済の今後の発展には一早く目をつけ、2016年時点で証券コード1678の

インド株式指数上場投信に投資を行いましたが、その後SENSEX指数が30%以上上昇する中において、

わずか15%程度の上昇率に留まりました。

後述するADRという仕組みを用いて指数を構成していることも要因なのでしょうが、

実際の指数との連動率の低さには気を付けたほうがよいでしょう。

インドのETFを比較分析-高い乖離率が問題点-

また基本的にインドの投資信託については指数に対してプラスのリターンを追求する、

アクティブ型の投資信託です。

インドは注目の新興国ということもあり、

各運用会社から非常に多くの投資信託が販売されているので、

代表的なものを分析しておりますので参考にしてみて下さい。

インドの投資信託をおすすめランキング形式で紹介~ベスト3の今後の見通しは良好?~

⇒ ドイチェ・インド株式ファンドを徹底評価~インド投資信託を比較分析~
⇒ JPMインド株アクティブオープンを徹底評価
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判のiTrustインド株式を徹底評価
⇒ 新光ピュア・インド株式ファンドを徹底評価~インドの投資信託でおすすめは??~
⇒ 評判のイーストスプリング・インド株式オープンを徹底評価
⇒ 評判のニッセイ・インド厳選株式ファンドを徹底評価
⇒ 評判の高成長インド・中型株式ファンドを徹底評価
⇒ HSBCインドオープンを徹底評価~評判のインド投資信託の今後に見通しと注意点~

 

インド株のおすすめ個別銘柄を取引する際の注意点ーADRって?ー

まず原則としてなのですが、インドで上場されているインドの個別銘柄を直接取引することはできませn。

しかしADRという仕組みを用いることによって取引が可能となります。

ADRはAmerican Depositary Receiptの略で日本語では米国預託証券と呼ばれています。

ADRの仕組みはまず米国の銀行が、インド市場で発行されている株式を取得します。

購入後は預かり証券を発行して米国市場に上場するという仕組みです。

ADRの仕組み

(引用:楽天証券)

その為、我々投資家は米国市場に上場されている預託証券を購入することにより

間接的にではありますが、インドの個別株に投資することが出来ます。

ADRを用いて取引する場合の注意点

ただ当然アメリカを仲介にかんでいるので、通常の株式投資に比べて高い手数料がかかります。

米国株式等の取引にかかる費用等
米国株式等の委託手数料は、26.25米ドル/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.1米セント追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000192米ドル(米セント未満切り上げ)。

(引用:楽天証券)

日本株だと一回500円なのに、ADRだとまず現時点のUSDJPYレート110円で換算して約3000円かかります。

また基本的には現地のー値動きに連動するのですが、需給によっては現地のレートと

乖離することがあるという点も難点ではあります。

 

ADRを用いてインド株を取引きできる証券会社ー楽天・SBI・マネックス証券で可能ー

先程説明したADRという仕組みを用いてインド株を取引きできる証券界者は楽天・SBI・マネックス証券があります。

楽天証券を例にインド株のADRを探す方法を紹介します。

楽天証券ADR検索方法

 

ADRの欄にチェックをつけた後に、本社所在地をインドにしあす。

検索ボタンをおすと、以下の銘柄が表示されます。

ADRの個別銘柄

ご覧頂ければわかる通り、ADRなので全ての銘柄に投資をすることはできません。

おすすめのインド株銘柄ータタ・モーターズー

ADRを一番取り扱っているのは楽天証券なのですが、

やはり一番おすすめできるのはインドのTOYOTAともいえるタタ・モーターズですね。

インドは経済水準的にも今後所得向上によって、内需の需要も高まることが期待される為、

今後も引き続き期待できますね。

実際に売上高、純利益、1株利益、PERの水準をご覧ください。

以下予想は百万USDとなっているので、単位が違いますが右に私が追記しているとおり、

基本的に上昇基調であることが分かります。

タタモーターズ

更に業績が堅調に推移しているにも関わらず、直近2017年度のみ不調だったこともあり株価は下落基調でした。

タタモーターのチャート

その為、現在の株価水準で2019年度の予想利益を達成したとすると、

予想PERは8倍程度にまで引き下がることが予想されます。

つまり魅力的なタタモーターズが現在では割安で取引されているということです。

現在購入すると将来的に十分に大きな利益が期待出来ます。

インド株式投資の総括

インドの株式市場のは高い経済成長力と安定的な政治に後押しされて、10年間世界株式市場の中で、

スーパースター的な動きをした。

誰の目からみても魅力的であるが故に、現在では市場全体としてみると将来への期待を織り込み、

若干割高水準となっている。

市場全体に投資をするETFや投資信託は長期的にみれば良好な結果を残すとみこまれるが、

実際のインド株式市場平均と成績が乖離するのが大きな問題点である。

インドの個別銘柄は直接インド市場からは投資できないが、ADRという仕組みを用いて、

米国市場を通じて日本の証券会社から取引することが出来る。

現在最も期待できる銘柄としてはタタモーターズが挙げられる。

おすすめの新興国株投資手法

三回にわたりインドの株式投資について見てきましたが、新興国株投資は様々なリスクがあり、

また確りとファンダメンタル分析を行わないと痛い目を見る可能性が高いです。

また、狙う市場を決めたとしても銘柄分析は日本株と異なり決算書も英語で馴染みもない企業が多いので、

本当に有望な銘柄なのか自信をもって投資するのが難しいです。

新興国投資で大きな利益をあげるには、インドのように成長力が高く、

尚且つ割安に放置されている市場に狙いを定めた上で、

現地に精通したプロが厳選した銘柄に投資をするのが最も効果的であるといえるでしょう。

私が投資を行っているフロンティアキャピタルはまさに上記の条件を満たしている新興国株ファンドです。

以下フロンティア・キャピタルについて纏めているのでよければ参考にしてみて下さい!

【合わせて読みたい】
フロンティア・キャピタル~新興国投資ヘッジファンドの実態を解明~

以上、魅力的なインド株式市場は成長を織り込み株価は割高で現段階での投資はおすすめできない?今後の見通しと共に徹底解説…という話題でした。

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です