『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

本日も引き続きインドの投資信託についてみていきたいと思います。

前回インドの投資信託をランキング形式に纏めました。

インドの投資信託をおすすめランキング形式で紹介~ベスト3の今後の見通しは良好?~

すると有難いことに読者の方から、投資している『HSBCインドオープン』がランクインしておりませんが、

実際のところHSBCインドオープンはどうなのでしょうか?という質問を頂きました。

今回はHSBCインドオープンについて徹底的に解剖して分析していきたいと思います。

インドのファンダメンタルズや為替・株式市場全体の見通しについては以下記事に纏めておりますので、

インドという国の投資環境がどうなっているのかという点が気になる方はご覧ください。

【参照】
モディ首相が牽引するインドの経済・財政・政治をファンダメンタル分析。人口12億人のポテンシャル市場への株式投資は今が狙い目?
経済成長と盤石な政治で安定さが増してきたインドルピー為替相場!インフレ率と国際収支のからの今後の見通しと高額紙幣廃止の意図は?
魅力的なインド株式市場は成長を織り込み株価は割高で現段階での投資はおすすめできない?今後の見通しと共に徹底解説。
インドの国内ETFである銘柄1549と1678を比較分析

HSBCインドオープン- 運用方針とベンチマーク –

HSBCインドオープンは文字通りHSBCによって運用されているアクティブ型の投資信託です。

アクティブ型の投資信託というのは、目標とするTOPIXのような指数に対して、

プラスのリターンの確保を目指す投資信託です。

例えばある投資信託がベンチマークをTOPIXに設定していた場合、

TOPIXが2%上昇している時に4%上昇していれば優秀ですし、

TOPIXが▲2%下落しているときに0%で抑えていれば優秀と判断できるのです。

HSBCインドオープンが連動を目指しているベンチマークはS&P/IFC Investable Indiaです。

インドといえばSENSEX指数かNifty50指数が有名ですが、同指数は以下のように説明されています。

*S&P/IFC Investable Indiaとは、インドの非居住者がインド株式への投資を行うことを前提とし
て、時価総額、流動性や非居住者に対する各種投資制限(個別株、業種等)等を考慮し算出された時価総額
加重平均インデックスです。当ファンドのベンチマークとしては、同指数を委託会社が円換算した数値
を使用しています。

(引用:HSBCインド 交付目論見書)

つまりSENSEXやNifty50指数がなんの制限もなく指数が構築されているのに比して、

S&P/IFC Investable Indiaは非居住者である外国人が投資できる銘柄ベースで構築された指数ということが出来ます。

HSBCインドオープンの成績対ベンチマーク

アクティブ型の投資信託であるHSBCインドオープンなのでベンチマークに対してどれだけのリターンを出すかが重要になります。

以下HSBCインドオープンとベンチマークの運用成績の差をご覧ください。

HSBCインドオープンとベンチマークの比較

ぱっとみて圧倒的にベンチマークであるS&P/IFC Investable Indiaに対してアンダーパフォームしているのが分かります。

データ上もご覧ください。

HSBCインドとS&P/IFC Investable Indiaのデータ上の比較

直近一カ月だけ奇跡的にベンチマークに対してプラスのリターンを出していますが、

期間を遡るにつれてベンチマークに対して圧倒的にマイナスの成績となっています。

他のインド株投資信託との比較- 相対的にみても低いパフォーマンス –

それでは他のインド株に投資しているアクティブ型の投資信託との比較を見てみましょう。

以下は前回ベスト2に紹介した新生・UTIインドファンドとノムラ印度フォーカスと

有名なインド株指数であるMSCIインドとの比較です。

HSBCインドとMSCIインド指数と他の投資信託の運用成績の違い

HSBCインドオープンは他の二つの投資信託はおろか、MSCIインド指数よりも低い成績となっています。

データ上からみてみましょう。

HSBCインドオープンと他のインド投資信託の成績をデータで比較

 

過去1年、3年間平均年率、5年間平均年率、10年間平均年率全てで他の投資信託並びにMSCI指数をアンダーパフォームしています。

更に注目して頂きたいのが標準偏差の高さです。

標準偏差は投資の世界ではリスクとして認識されており、価格変動のブレ幅ということを意味します。

標準偏差は5年と10年を年率に直した数値が非常に高く10年平均の年率は33.49%と高く高リスクのある商品であることをデータが示しています。

過去10年の平均リターン年率1.18%とリスク33.49%から今後1年間の期待リターンは、

確率毎に以下のリターンに収まることが想定されます。

68.2%の確率で
1.18% – 33.49% (▲32.31%) ~ 1.18%+33.49%(+34.67%)

95%の確率で
1.18% – 33.49×2% (▲55.80%) ~ 1.18%+33.49%×2(+68.16%)

このように分析すると最大50%以上下落することが考えられるリスクの高い商品であるということが出来るでしょう。

更に気を津得ないといけないのは、この成績は手数料を加味する前だということです。

【参照】
⇒ ドイチェ・インド株式ファンドを徹底評価~インド投資信託を比較分析~
⇒ JPMインド株アクティブオープンを徹底評価
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判のiTrustインド株式を徹底評価
⇒ 新光ピュア・インド株式ファンドを徹底評価~インドの投資信託でおすすめは??~
⇒ 評判のイーストスプリング・インド株式オープンを徹底評価
⇒ 評判のニッセイ・インド厳選株式ファンドを徹底評価
⇒ 評判の高成長インド・中型株式ファンドを徹底評価

HSBCインドオープンの高い手数料

アクティブ型の投資信託というのは指数に連動することだけを目標とするパッシブ型の投資信託に比べて、

超過収益を出すためのリサーチに手間と人件費がかかる為、手数料が高くなる傾向にあります。

HSBCインドオープンはアクティブ型投資信託の中でも、非常に高い手数料体系を誇っており、

まず買付手数料が3.78%で、年間発生する手数料は更に年率2.16%となります。

つまり初年度は5.94%と実に6%もの手数料が発生することになります。

6%の手数料が発生したとしても、非常に高いパフォーマンスを挙げていれば文句もありませんが、

手数料が高いにも関わらずベンチマークに対してアンダーパフォームした成績しか挙げれていないなら、

投資する価値がありませんね。

HSBCインドオープンのまとめ

HSBCはインドのS&P/IFC Investable Indiaに対してプラスのリターンを目指すアクティブ型の投資信託ですが、

残念ながらベンチマークに対して大幅にマイナスの成績となっており、

新生UTIインド株ファンドやノムラ印度フォーカスに対しても大幅にアンダーパフォームしています。

また、値動きの荒さつまりリスクも高くなっており、

成績が全く振るわないにも関わらず手数料は非常に高く、

投資先としては全くおすすめできない内容となっています。

インドのみならず、新興国への投資で大きな利益獲得を狙うファンドも含めて以下ランキングで紹介していますので、

参考にしてみて下さい。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です