評判の『高成長インド・中型株式ファンド』を徹底評価!確かにインドの中型企業の業績・株価は堅調だが運用成績は?

今までインドのファンダメンタルとインドルピーの今後の見通しに加えて、

株式市場の概要について纏めてきました。

モディ首相が牽引するインドの経済・財政・政治をファンダメンタル分析。人口12億人のポテンシャル市場への株式投資は今が狙い目?
経済成長と盤石な政治で安定さが増してきたインドルピー為替相場!インフレ率と国際収支のからの今後の見通しと高額紙幣廃止の意図は?
魅力的なインド株式市場は成長を織り込み株価は割高で現段階での投資はおすすめできない?今後の見通しと共に徹底解説。
インドの国内ETFである銘柄1549と1678を比較分析

またインドの投資信託についても成績がよいものと、読者の方から要請のあったものを中心にを分析してきました。

インドの投資信託をおすすめランキング形式で紹介~ベスト3の今後の見通しは良好?~

⇒ ドイチェグループ運用の『ドイチェ・インド株式ファンド』!成績は凡庸だが目線は悪くない?
⇒ 超一流金融グループ運用の『JPMインド株アクティブオープン』は何故低いリターンなのかを紐解く
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判の『iTrustインド株式』は投資妙味があるのかを分析!肝心の成績面は大丈夫?
⇒ 直近低リターン・ハイリスクの『新光ピュア・インド株式ファンド』は高手数料で投資先として適格とは言い難い
⇒ ハイリスク・ローリターンの『イーストスプリング ・インド株式オープン』はアクティブ型投資信託として魅力は低い
⇒ 日本生命グループ運用の『ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)』を徹底評価
⇒ 『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

今回もインドの投資信託で人気を博している三井住友アセットマネジメントによって運用されていいる、

『高成長インド・中型株式ファンド』について分析していこうと思います。

高成長インド・中型株式ファンドは何故、中型株を投資対象に選んでいるのか?

高成長インド・中型株式ファンドは、その名の通り高成長が見込まれるインド市場の中型銘柄に投資を行う投資信託です。

当ファンドにおいて中型株式とはニフティ500の時価総額上位51位~350位の銘柄に準じた時価総額
規模を有する銘柄とします。
ただし、大型株式や小型株式にも投資を行うことがあります。

(引用:交付目論見書)

ニフティ指数は前回インドのETFの説明ページでも説明した通り、インドで二番目に大きいナショナル証券取引所に

上場されている銘柄の時価総額加重平均指数なのですが、組み入れられている銘柄はSENSEX指数と似ており、

パフォーマンスも殆ど同じ結果となっています。(青:Nifty指数 赤:SENSEX指数)

何故中型株を投資先に選んでいるかというと、ここ数年大型株に対して中型株の利益・株価ともに堅調に推移しているためです。

まずは利益をご覧ください。

インドの大型株と中型株の一株当たり利益の差

大型銘柄にNifty50という大型銘柄上位50社で、中型銘柄はNifty中型株100社でその次の時価総額100社ですが、

中型銘柄の利益の伸びが大きくなっています。

当然株価も利益とシンクロして堅調に推移し、大型銘柄に対して高いパフォーマンスを出しています。

インドの中型株と大型株の株価リターンの差

中型銘柄を投資先に選定している点は頷けますね。

高成長インド・中型株式ファンドの運用形態

高成長インド・中型株式ファンドは三井住友アセットマネジメントによって運用されているファンドですが、

実質的な運用はインドの中型株運用で実績のあるコタック・マヒンドラ・アセット・マネジメントが担っています。

高成長インド・中型株ファンドの運用形態(引用:交付目論見書)

また若干あまったポーションを三井住友アセットマネジメントによって運用されている公社債ファンドである、

マネー・マーケット・マザーファンドで運用しているので、ファンド・オブ・ファンズ形式での運用となっています。

ファンド・オブ・ファンズとは以前分析したセゾン投信の例にもあるのですが、

複数のファンドに投資を行うファンドのことを指します。

普通に三井住友アセットマネジメントを通さずに直接コタック・マヒンドラ・アセット・マネジメントから購入できたら良いのですが、

日本の証券会社で直接取引できる会社がないので三井住友アセットを介さなければいけないのです。

このことが、後で説明する手数料の高さの要因にもなっているわけですが・・・・・・・

高成長インド・中型株式ファンドの運用成績・利回り- 分配金という落とし穴 –

まずは今までの高成長インド・中型株式ファンドの成績をご覧ください。

高成長インド・中型株式ファンドの成績

青の分配金拠出後の基準価格は運用開始の2011年の10,000円から若干減少した9,599円ですが、

分配金を再投資したと仮定した場合の基準価格は28,000円程度と2.8倍にまでなっています。

因みに今まで拠出した分配金の総額は以下の通り11,800円となっています。

ここで皆さん気付かれたのではないでしょうか、

現在の基準価格9,599円に分配金11,800円を単純に足し合わせると21,399円となり、

分配金を出さずに再投資していた場合の基準価格28,000円に対して大幅に少なくなっているのです。

実は日本の投資信託で流行している分配金という制度は最終的には投資家にとって不利益を齎す仕組みになっています。

例えば例として100万円投資して年率20%で運用して毎年分配金を20万円拠出したとしましょう。

1年目:基準価格100万円⇒120万円⇒分配金拠出後⇒100万円
2年目:基準価格100万円⇒120万円⇒分配金拠出後⇒100万円
3年目:基準価格100万円⇒120万円⇒分配金拠出後⇒100万円
分配金増額=20万円×3年 = 60万円

合計利益=(基準価格100万円-元基準価格100万円)+分配金60万円=60万円

では分配金を拠出しない場合はどうなるかというと、

1年目:基準価格100万円×120% = 120万円
2年目:基準価格120万円×120% = 144万円
3年目:基準価格144万円×120% = 172.8万円

合計利益=(基準価格172.8万円 – 元基準価格100万円) = 72.8万円 > 60万円

となるのです。結果的に分配金を出さないほうが複利効果を得ることができっるので、

高い利益を出すことが出来るのです

高成長インド・中型株式ファンドは1口あたり10,000円⇒28,000円と18,000円の利益を獲得できるところ、

分配金11,800円 – (基準価格9,599 – 元基準価格10,000) = 11,400円の利益に留まってしまうのです。

因みに分配金を再投資したベースでの高成長インド・中型株式ファンドの年率リターンは以下のようになっていますが、

直近は調子がわるそうですね。

単体の成績だけでは分析するのに不十分なので他のファンドと比較してみましょう。

高成長インド・中型株式ファンドの他ファンドとの比較

以下はインド株に投資する投資信託の中で高いパフォーマンスを出している、

新生UTIインドファンドとノムラ・印度・フォーカスと、

MSCI社が算出しているメジャーなMSCIインド指数との比較をご覧ください。

高成長インド・中型株ファンドと他の投資信託並びにMSCIインド指数との比較

この数値は分配金再投資ベースでのリターンですが、過去三年間概ね良好な成績を収めていましたが、

今年2018年に入ってから他のファンドやMSCI指数に対して大きくアンダーパフォームしていることが読み取れます。

結果的に新生UTIインド株ファンドやノムラ印度フォーカスに比べてアンダーパフォーム、

MSCIインド指数と同等の成績となっています。

更にデータ上から確認してみましょう。

高成長インド・中型株式ファンドの成績を他ファンドと比較

リターンは直近3年が他に2ファンドの対して低く、直近1年は他の2ファンドのみならずMSCIインド指数に対しても

大幅にアンダーパフォームしているのが分かります。

リスクつまり価格変動の大きさを示す標準偏差は他のファンドやMSCIインド指数と変わらないレベルです。

過去3年のリターン年率8.20%とリスク年率19.09%から考えられる今後1年の値動きは、

統計的に以下の範囲で収まることが想定されます。

68.2%の確率で
8.20% – 19.09% (▲10.89%) ~ 8.20%+19.09%(+27.29%)

95%の確率で
8.20% – 19.09×2% (▲29.98%) ~ 8.20%+19.09%×2(+46.38%)

インドの投資信託全般にいえることなのですが、価格の値動き=標準偏差が非常の大きいので、

場合によっては大きな損失を被る可能性があることは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

高成長インド・中型株式ファンドの高い手数料

今まで見てきた成績は全て手数料を加味していないベースでの運用結果です。

最初の方で述べた通り、高成長インド・中型株式ファンドは、

直接コタック・マヒンドラ・アセット・マネジメントから購入しているわけではなく。

三井住友アセットマネジメントを噛ましていることもあり、

販売手数料:3.78%
信託手数料:2.03%(年率)

と非常に高い手数料形態となっています。

初年度でいうと5.81%もの手数料が発生します。

手数料を加味した上での今後1年間の想定される利回りは以下のように一気に下がります。

68.2%の確率で
▲10.89% – ▲5.81%  (▲16.70%) ~ 27.29% – ▲5.81%(+21.48%)

95%の確率で
▲29.89% – ▲5.81% (▲22.51%) ~ 46.38% – ▲5.81% (+40.57%)

と大きなマイナスを被る可能性が高くなります。

更に毎年2%ずつ手数料が重なれば年々大きな負担となってくることは間違いありません。

高成長インド・中型株式ファンドの纏め

注目されている高成長インド・中型株式ファンドですが、目をつける投資先は中型銘柄と

シャープなのですが肝心の成績は新生UTIインド株ファンドやノムラ・印度・フォーカスに比べて

アンダーパフォームしています。

更にファンド・オブ・ファンズ形式をとっており手数料が重複してかかることもあり、

購入手数料並びに信託手数料共に高くなっています。

またインドの投資信託全般にいえることなのですが、確かにインドは高成長を持続し、

魅力的な株式市場であることは間違いないのですが、既にPERは20倍を超えて

割高水準となっているので一旦調整が発生するまで購入は控えたほうがよいでしょう。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です