EXE-i新興国株式ファンドを徹底評価~評判の新興国投資信託を分析~

前回SBIから販売されているEXE-iつみたて新興国株式ファンドについて取り上げました。

EXE-iつみたて新興国株式ファンドを徹底評価

本日は同様にSBIから発売されているEXE-iシリーズのEXE-i新興国株式ファンドについて、

詳しく分析していきたいと思います。

EXE-i 新興国株式ファンドが連動を目指すFTSEエマージング・インデックスとは?

EXE-i新興国株式ファンドが連動を目指す指数も、

EXE-iつみたて新興国株式ファンドと同じくFTSEエマージング・インデックス指数です。

新興国インデックスのFTSEエマージングインデックスをわかりやすく解説する

同インデックスの組入比率は以下のようになっています。

FTSEエマージングインデックスの国別比率

同じく代表的なインデックスであるMSCIエマージングインデックスと比べると韓国が入っていない点がことなりますが、

中国・台湾・ブラジル・ロシア・南アフリカで合計70%となっており、

既に成長のピークを過ぎ魅力の低い国で大半を占められているのが分かります。

EXE-i つみたて新興国株式ファンドとの違い

FTSEエマージングインデックスは中型・大型銘柄だけを取り入れています。

連動とする目標は一緒なのですが、EXE-iつみたて新興国株式ファンドがFTSEエマージングインデックスに連動する、

ETFに投資を行うだけなのに対して、EXE-i新興国株式ファンドは小型株銘柄もポートフォリオに10%組み入れています。

EXE-i新興国株式ファンド

EXE-i つみたて新興国株式ファンドはFTSEエマージングインデックスに連動する、

シュワブエマージング・マーケッツエクイティETFのみに投資投資をしておりますが、

iシェアーズ・コア・MSCIエマージング・マーケッツETFという小型株銘柄を含んだ時価総額加重平均と連動するETFを、

組み込んでいる点がEXE-i つみたて新興国株式ファンドと異なる点です。

しかし組み入れ比率はシュワブ エマージング・マーケッツ エクイティが90%で、

i シェアーズ コア MSCI エマージング・マーケッツETFが10%であり、更に小型株の割合はこの中の一部ということから、

殆ど大型中型銘柄で構成された指数に連動しているといっても過言ではないでしょう。

連動を目標としているFTSEエマージングインデックスのパフォーマンス

EXE-i新興国株式ファンドが連動を目指しているFTSEエマージングインデックスのパフォーマンスは、

以下のようになっています。

過去5年間で米国のETFがほぼ倍になっているのに対して、エマージングインデックスは僅か30.9%、

年率にならすと僅か5.5%のパフォーマンスになっています。

魅力的な新興国ではない国が多くのポーションを占め最大ポーションの中国が株式バブル崩壊し、

資源価格が下落した影響をもろに受けていますね。

更に値動きの荒さを表すVolatilityも非常に高い数値となっております。

総じてハイリスク・ローリタ―ンのインデックスであるということが出来るでしょう。

EXE-i 新興国株式ファンドのパフォーマンスーFTSEエマージング指数との高い乖離ー

EXE-i新興国株式ファンドは指数に連動することを目標とするインデックスなので、

以下に指数に連動できているかという点が評価を行う上で重要になってきます。

以下最新のファンドの実績と参考指標(=FTSEエマージングインデックス)との成績の比較をご覧ください。

EXE-i新興国株式ファンドとFTSEエマージングファンドの成績乖離

常にFTSEエマージングインデックスに対してアンダーパフォームしていることが分かります、

これほどまでに指数に対して乖離しているとなると、パッシブ型の投資信託としては低い評価をつけざるを得ませんね。

EXE-i つみたて新興国株式ファンドに比べて高い手数料

EXE-i つみたて新興国株式ファンドの手数料は0.1948%と以前紹介したVWOの0.14%と比べては高いですが、

それなりに競争力のある水準でした。

しかしEXE-i 新興国株式ファンドについては、手数料は購入時手数料こそありませんが(=ノーロード)

毎年発生する信託手数料は0.3794%とEXE-iつみたて新興国株式ファンドに比べて約倍の高さになっています。

あえてEXE-i新興国株式ファンドを購入する必要性はなさそうですね。

実際両者の成績は以下のように殆ど変わらないことを考えると、手数料が安い法がまだ魅力的に映りますよね。

(青:EXE-i新興国株式ファンド 赤:EXE-iつみたて新興国株式ファンド)

EXE-i新興国株式ファンド vs EXE-iつみたて新興国株式ファンド

EXE-i新興国株式ファンドのまとめ

EXE-i新興国株式ファンドは同様のEXE-iつみたて新興国株式ファンドに加えて、小型銘柄を多少加えているが、

運用成績はほぼほぼ同じ結果となっているが、連動を目的としているFTSEエマージングインデックスに対して、

パフォーマンスが下方乖離しているのは由々しい事態となっている。

また手数料がEXE-iつみたて新興国株式ファンドに比べて2倍程度高いことから投資する妙味は全くないといってよい。

おすすめの新興国投資手法

二回にわたって紹介してきたEXE-iシリーズが連動を目標としているFTSEエマージングインデックスは、

成長力が低く魅力の低い国に高い割合投資をしており、

新興国株投資の魅力である高い利益を追求することが出来ない仕組みとなってしまっています。

本当に儲かる新興国投資というのは今後成長が加速し、更に割安で放置されている株式市場へ投資を行うことによって、

実現することが出来ます。

まさに今説明したような投資を行っている新興国株式ファンドであるフロンティア・キャピタルを含め、

おすすめできる投資先を以下に纏めておりますので、参考にしてみて下さい!

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です