<新興国株式投資の道しるべ>どの途上国が正解?ASEAN・BRICs・東アジア・マイナー新興国まで徹底的に分析。

【新興国株式投資の道しるべ】どの途上国が正解?ASEAN・BRICs・東アジア・マイナー新興国まで徹底的に分析。

私は、新興国株式を主な投資対象としています。

その理由は、

 

「高い経済成長に伴って株式市場の価格も上昇していく。」

 

これが摂理であるはずだからです。

 

ここでは、今までの新興国株式市場の状況を整理した上で、今後の新興国の株式市場の先行き、そして具体的な新興国株式投資の始め方。

そして、リスクについて考察しています。

 

新興国投資の考え方

当然のことながら、経済が成長すれば、株式市場もそれに伴って上昇していきます。

今後も一貫して新興国の成長率は先進国を上回り続けます。

 

今後も新興国の経済成長率は高水準を維持していきます。

しかし、先進国は人口減少を伴い成長が減速するので成長の格差は拡大していくのが確定的となっています。

 

新興国の人口は若年層が末広がりとなっています。

今後生産人口(15歳~60歳)が増加することによって経済成長が加速していくことが予想されます。

 

現在既に全世界の90%近くを占める新興国の人口は、今後更に比率を拡大させながら上昇していくのです。

 

以下の記事では、さらに詳しく新興国株投資の考え方を総論でまとめています。

<新興国投資の考え方・投資の前提条件>高い経済成長に伴う株式市場の成長を掴みリターンを最大化させよう。

 

ASEAN株式市場

今後大きな経済発展が見込めるASEAN。

そんなASEAN諸国のファンダメンタル分析、株式市場、為替分析を独自の観点で実施しています。

<ASEAN株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

<記事の目次>

  • 1 ASEAN諸国とは
  • 2 タイの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 3 インドネシアの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 4 シンガポールの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 5 フィリピンの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 6 マレーシアの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 7 ベトナムの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 8 ミャンマーの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 9 ラオスの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 10 カンボジアの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 11 見逃せない中国経済の動向

 

BRICs株式市場

ここでは、BRICsの株式市場の投資環境を一挙に分析、そして有望銘柄の紹介まで実施しています。

<BRICs株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

<記事の目次>

  • 1 BRICsとは
  • 2 ブラジルの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 3 ロシアの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 4 インドの経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 5 中国の経済概況と株式市場・有望銘柄
  • 6 南アフリカ
  • 7 まとめ

 

東アジア株式市場

ここでは、東アジアの株式市場の投資環境を一挙に分析、そして有望銘柄の紹介まで実施しています。

主に、韓国、台湾市場を徹底分析しています。

<東アジア株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

 

マイナー新興国株式市場

マイナーな、穴場ともいえる新興国株式市場についての分析をしてみました。

まだまだ日の出を迎えていない新興国の魅力、興味のある方は参考にしてみてください。

 

ここでは主に、イラン、アルゼンチン、トルコを分析しています。

とてもマイナーですよね(笑)

マニアックな方向けです。

<マイナー新興国株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

 

まとめ

新興国株式は2014年~2016年の冬の時期を終え、2017年から復調の兆しが見えてきています。

しかし、2018年からの米中貿易摩擦や世界経済の減速懸念もあり失速気味となっています。

 

しかし、新興国の経済成長率は引き続き上向きで先進国との差は拡大する一方です。

新興国が世界経済の主役になる時代はすぐそこまで近づいてきています。

 

一方、経済規模に比して株式市場は依然として割安に保たれている状態となっています。

今後バリュエーションが再評価されることにより大きく株価が上昇していくことになるでしょう。

 

リスクとしては世界経済の失速や中国経済の瓦解が挙げられます。

しかし、経済規模の拡大に伴って当然株式市場も上昇していきます。

長期的にみれば新興国株式の上昇はまず間違いないものとみてよいと思います。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です