ドイチェグループ運用の『ドイチェ・インド株式ファンド』!成績は凡庸だが目線は悪くない?

ドイチェ・インド株式ファンド

インドは人口も今後世界最大になり、更にまだ経済水準が低いこともあり、

成長が拡大していくことが見込まれる魅力的な新興国です。

モディ首相が牽引するインドの経済・財政・政治をファンダメンタル分析。人口12億人のポテンシャル市場への株式投資は今が狙い目?

株式市場は若干割高な傾向にありますが(⇒ 魅力的なインド株式市場は成長を織り込み株価は割高で現段階での投資はおすすめできない?今後の見通しと共に徹底解説。)

長期投資を行えば投資利益が期待できます。

インドの市場平均の値動きを取ろうとすると通常はETFが選択肢になるのですが、

インドのETFは指数に対する連動率が非常に低いのが問題点となっております。

インドのETFを分析~高い乖離率が問題~
新興国のETFの問題点を徹底解説

その為、指数に対してプラスのリターンを狙うアクティブ型の投資信託が有効な選択肢となってくる為、

今まで様々なインドの投資信託を分析してきました。

⇒ 超一流金融グループ運用の『JPMインド株アクティブオープン』は何故低いリターンなのかを紐解く
⇒ 購入・信託手数料が安いと評判の『iTrustインド株式』は投資妙味があるのかを分析!肝心の成績面は大丈夫?
⇒ 直近低リターン・ハイリスクの『新光ピュア・インド株式ファンド』は高手数料で投資先として適格とは言い難い
⇒ ハイリスク・ローリターンの『イーストスプリング ・インド株式オープン』はアクティブ型投資信託として魅力は低い
⇒ 日本生命グループ運用の『ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)』を徹底評価
⇒ 評判の『高成長インド・中型株式ファンド』を徹底評価!確かにインドの中型企業の業績・株価は堅調だが運用成績は?
⇒ 『HSBCインドオープン』を徹底評価!評判とは異なりMSCIインド指数より低い運用成績。

本日はJPMインド株アクティブオープンと同じく一流の外資系銀行、ドイチェ銀の資産運用会社によって運用されている、

ドイチェ・インド株式ファンドについて分析していきたと思います。

ドイチェ・インド株式ファンドってどんなファンド??

ドイチェ・インド株式ファンドもJPMインド株アクティブオープンと同じく、

MSCIインド指数をベンチマークとして、MSCIインド指数以上のパフォーマンスを出すことを目的として、

作られたアクティブ型の投資信託です。

ドイチェ・インド株式ファンドは直接インド株式には投資せず、

ドイチェ銀行傘下のDWS インベストメント GmbHが運用するドイチェ・インディア・エクイティ・ファンドと、

ドイチェ・日本債券マザーファンドへの投資を通じて運用益獲得を狙う、

ファンド・オブ・ファンズつまりファンドに投資するファンドの形態を取っています。

ドイチェ・インド株式ファンドのファンド・オブ・ファンズの仕組み

ファンズ(複数形)をとっていても、殆どはドイチェ・インディア・エクイティ・ファンドに投資をしているので、

あくまで余った資金の一部をドイチェ・日本債券マザーで運用しているという感じですね。

コラム:ファンド・オブ・ファンズ形式の罠~巧妙に手数料を二重徴収する仕組み~

以前ピクテのiTrustインド株式でもお伝えしたのですが、

ファンド・オブ・ファンズ形式でグループが運用しているファンドに投資をしている投資信託では、

グループが運用しているファンド、今回でいえばドイチェ・インディアン・エクイティ・ファンドで、

手数料が徴収されたベースでドイチェ・インド株式ファンドのパフォーマンスとなり、

更に府ドイチェ・インド株式は独自に手数料を徴収する仕組みになっています。

購入手数料が3.78%、信託財産留保額0.3%で合計4%と抑々高いのですが、

信託手数料の欄を見てみましょう。

見かけ上の信託手数料は1.35%と他のインド投資信託に比べて若干低く設定されているのですが、

投資しているドイチェ・インディアン・エクイティ・ファンドの手数料が年0.6%なので、

実質的には信託手数料は年率1.95%と他の投資信託と同水準になりますね。

ドイチェ・インド株式ファンドの手数料

直接ドイチェ・インディアン・エクイティ・ファンドに投資する機会が与えられず、

金融リテラシーの低い日本人から二重で手数料を徴収してやろうという悪意が透けて見えますね。

ドイチェ・インド株式ファンドのリターン(利回り)をMSCIインド指数や他の投資信託と比較

ドイチェ・インド株式ファンドはアクティブ型の投資信託ということもあり、

ベンチマークとして設定しているMSCIインド指数に対してどれだけの高いパフォーマンスをだせているかが

重要になってきます。

以下ドイチェ・インド株式ファンドとベンチマークのMSCIインド指数と、

インド投資信託で高いパフォーマンスの新生UTIインドファンドと、

同じく外資系銀行によって運用されているJPMインド株アクティブ・オープンとの成績の比較です。

ドイチェ・インド株式ファンドとMSCIインド指数と新生UTIインドファンド、JPMインド株アクティ・オープンのチャート比較

ドイチェ・インド株式ファンドは

新生UTIインドファンド>ドイチェ・インド株式ファンド≒MSCIインド指数>JPMインド株アクティブ

という結果となっています。

ベンチマークと同じリターンとなっていることから、微妙な結果となっていますが、

インドのETFが高い下方乖離率であることを考えると、まあまあな投資信託であると言えますね。

インドのETFを分析~高い乖離率が問題~

データ上からも分析していきましょう。

ドイチェ・インド株式ファンドの利回りを指数・他投資信託と比較

過去5年間は殆どMSCIインド指数と同じ利回りとなっていますね

ただ10年平均でみると最も悪いパフォーマンスとなっていることを考えると、

5年前~10年前のパフォーマンスがひどかったことを物語っていますね

しかし、比較してみると新生UTIインドファンドの成績が際立ちますね。

ドイチェ・インド株式ファンドのリスクを他の投資信託と比較

次にリスクについて見ていきましょう。

リスクとは価格の値動きのことを指します。

価格の値動きの荒さを表す指標として標準偏差という指標があるのですが、

標準偏差について他のファンドと比較した以下のデータをご覧管下さい。

ドイチェ・インド株式ファンドのリスク

他のインドの投資信託比でいうと、リスクが高いように見えませんが、

全体的にインドの投資信託の標準偏差が高いことが分かります。

ドイチェ・インド株式ファンドの3年平均リターン7.55%(年率)と3年平均リスク16.89%(年率)

から考えられる今後1年間のリターンは以下の範囲で収まることが想定されます。

68.2%の確率で
7.55% – 16.89% (▲9.34%) ~ 7.55%+16.89%(+24.44%)

95%の確率で
7.55% – 16.89×2% (▲26.23%) ~ 7.55%+16.89%×2(+41.33%)

大きなドローダウンとなることも視野にいれたほうが良さそうですね。

ドイチェ・インド株式ファンドのまとめと見通し

ドイチェ・インド株式ファンドはMSCIインド指数に対してプラスのリターンを狙う、

アクティブ型の投資信託ですが、リターンはMSCIインド指数と同様の水準で収まっています。

また購入手数料と信託手数料で初年度は6%程度、翌年度から2%の手数料が発生する点が、

大きく重しとなってきます。

今後の見通しとしては、以下の現在の構成銘柄と産業別構成から見る通り、

銀行セクターに大きな比重をおいていることは不良債権処理で喘いでいる中にあって不安要素ではありますが、

インフラ開発の影響を受ける素材や、モディ政権の後押しによる消費の拡大が取れることは

ポジティブと捉えてよいでしょう。

ドイチェ・インド株式ファンドの構成銘柄・産業別構成比率

また為替ヘッジも行っておりませんが、インドルピーは他の新興国について安定しており、

尚且つ今後も資金がインド国内に流入してくることを考えると、左程大きな懸念材料とはなりません。

インド株式投資を行う際の為替リスクを金融政策・インフレ・国際収支から考える

しかしインドの株式市場自体が既に高騰しており、PERは25倍の水準となっていることもあり、

一旦の調整が起こり得ることは念頭においておく必要があります。

以下私が纏めておりますランキングでは、インドのように成長国で且つ割安な市場に厳選投資を行っている、

プライベートファンドを含めて紹介しておりますので、参考にしてみて下さい!

 

 

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です