台湾・香港株式、中国A株、国内公社債投資で評判の『中華圏株式ファンド(チャイワン)』の運用成績・見通しは?

評判の中華圏株式ファンドの運用成績・見通しを徹底解説

 

資産運用を考えている人の中には「中国」への投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託でしょう。

中国については以下の記事で論じていますが、

投資信託を購入する場合、つまり企業の運用のプロに任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

→ 中国経済の実態は崩壊寸前??2018年からの中国の成長可能性について徹底分析

→ 中国のGDPは嘘であり水増しされていると考える根拠を4つの側面から解説する

→ 中国株式投資を市場全体・個別銘柄の観点で分析~おすすめの新興国を探せ!~

今回はその投資信託で中国株を組み入れている

「評判の中華圏株式ファンド」

の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

その他の中国投資信託については以下で分析をしているので参考にしてみてくださいね。

→ 【中国株投資信託】10商品を比較検討・おすすめの投資先は結局どこなのか?

 

中華圏株式ファンド- 概要と運用方針 –

中華圏株式ファンドは海外アジア株式に投資し運用し、

投資形態はファンズ・オブ・ファンズとなります。

三井住友ニュー チャイナファンドUBS中国株式ファンドHSBCチャイナオープンなどは、

マザーファンドを通じて運用していますが、基本的には同様のスキームとなります。

中華圏株式ファンド仕組み

出典:交付目論見書

一般投資家は中華圏株式ファンドを購入し、

中華圏株式ファンドは日興アセットマネジメントが運用するチャイナランド株式ファンド(マザーファンド+中国A株ファンドへ)

そしてマネーアカウントマザーファンドに投資(国内公社債へ)し、

実質的に台湾・香港株式、中国A株、国内公社債で運用していることとなります。

一般投資家からは少し運用母体が遠いですね。

資産状況・組み入れ株式の一覧はこちらとなります。

中華圏株式ファンドの資産状況

出典:交付目論見書

株式を国入れている国はやはり中国が81.1%と圧倒的ですね。

その中でもやはり他中国株投信と同様、騰訊、アリババを保有しており、

その他は保険、エネルギー、銀行など投資でも固い分野でポートフォリオを固めております。

では実際に運用成績はどうなっているのでしょうか。

中華圏株式ファンドの運用成績・パフォーマンス

中華圏株式ファンドにはベンチマークはありませんので、

基準価額の推移とトータルリターンを見ていきましょう。

基準価額とトータルリターンについては別記事で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

→ 【初心者必見】投資信託の指標「トータルリターン」とは?

→ 投資初心者必見・投資信託の基準価額を徹底解説- 買い時はいつ? –

中華圏株式ファンド基準価額

出典:Morning Star

2017年には4,500円台で推移していましたが、

やはり2018年後半に向けて基準価額は低迷しています。

トータルリターンを見ていきます。

中華圏株式ファンドトータルリターン

出典:Morning Star

トータルリターンの推移も他中国株投資信託と推移は変わりませんね。

想像通り、直近の1年はマイナスとなっており、今後の見通しも不安です。

他の中国投資信託と比較してみましょう。

他の中国株投資信託との比較

今回は以下の中国株投資信託の比較をします。

  • 中華圏株式ファンド
  • 三菱UFJチャイナオープン
  • UBS中国株ファンド
  • HSBCチャイナオープン、
  • 三井住友ニューチャイナファンド
中華圏株式ファンド比較

出典:Morning Star

トータルリターンを見るとわかりますが、

ここ1年はUBS中国株ファンドを除いて全ての中国株投資信託がマイナスリターンとなっています。

その中でも中華圏株式ファンドはワースト2位ですね。

ちなみに標準偏差はトップとなります。

標準偏差は投資の世界ではリスクとして認識されており、価格変動のブレ幅ということを意味します。

中華圏株式ファンドは中国株投資信託の中でもブレ幅が最も大きいということですね。

全ての中国投資信託を分析した結果、

私であれば、そもそも今の時期に中国株に投資している投資信託は購入を控えます。

中国は2000年代こそ大幅に経済成長してきましたが、

GDPに占める投資の割合が45%を占め、2014年時点には個人消費が40%を切っており、

過剰開発が今しわ寄せで経済自体が危うい状況になっています。

当然株式バブルも崩壊しておりますので、やはり今は中国は投資すべき対象として私は見れません。

中華圏株式ファンドの高い手数料

最後に中華圏株式ファンドの手数料を確認しておきましょう。

中華圏株式ファンドの購入手数料は3.78%(税抜3.5%)となります。

他中国株投資信託は3.24%(税抜3.00%)ですので、中華圏株式ファンドの方が高い水準となっていますね。

一般的な投資信託のアクティブ型とも手数料よりも高いです。

信託報酬は年率で1.728%(税抜1.6%)となり、こちらは他中国株投資信託と同様の水準、

1.944%(税抜1.8%)となる三井住友ニューチャイナよりは低い水準になります。

中華圏株式ファンドは3つのマザーファンドを通してリサーチしていることから、

調査費・人件費がかかり、この価格設定は無理もないことでしょう。

あくまで、運用結果を出していれば、見合った金額と言えそうですね。

中華圏株式ファンドのまとめ

中華圏株式ファンドは、

株価上昇が期待される中国株を厳選して投資運用するまさに中国株の「プロ」として一般投資家を集めていますが、

すでに中国は株式バブルは終えており、

今後の中国の見通しを考えると、

基準価額も低下しており、トータルリターンもこの1年はマイナス運用ですので、

あまり魅力的な投資先とは言えません。

もし魅力的な投資先を探しているのであれば、

私が独自で作成している新興国投資関連について、

ランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、

参考にしてみてくださいね。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です