貯金5000万円生活までの道のりは長いのか?資産運用でショートカットしよう

貯金5000万円生活までの道のりは長いのか?資産運用でショートカットしよう

 

5000万円の貯金を達成するまでにどれくらいの道のりが続いているのでしょうか?

貯金5000万円を保有している世帯は日本では10%以下となります。

そして5000万円といえば準富裕層に位置付けられる資産家となります。

会社員であれば、相当な努力を積み重ね、築いた資産と言えるのではないでしょうか?

もしくは、親の遺産、生命保険の支払いを受けた場合に達成することも少なくないでしょう。

しかし、地道に5000万円を貯金することは一筋縄ではいかないのが現状です。

では、実際に、現状いくら持っていて、

準富裕層の称号を得られる5000万円の資産を築くまで、

どれくらい掛かるのかをシミュレーションしてみたいと思います。

5000万円までの道のりは?保有資産別に貯金を続けた場合

それぞれシミュレーションをしていきたいと思います。

単純な計算ですが、年数の規模感を押さえておくことは非常に重要となります。

500万円をすでに保有している場合

毎月頑張って10万円の貯金をした場合、

500万円をすでに保有しているとして、

残りの4500万円を貯めるにはどれくらい掛かるのでしょう?

10万円/月×12ヶ月=120万円

4500万円 ÷ 120万円 = 37.5年

約38年掛けてようやく5000万円ですね。

途方に暮れる年数です。

1000万円をすでに保有している場合

毎月頑張って10万円の貯金をした場合、

1000万円をすでに保有しているとして、

残りの4000万円を貯めるには、

10万円/月×12ヶ月=120万円

4000万円 ÷ 120万円 = 33.3年

約33年掛けてようやく5000万円ですね。

2000万円をすでに保有している場合

毎月10万円の貯金をした場合、

2000万円をすでに保有しているとして、

残りの3000万円を貯めるには、

10万円/月×12ヶ月=120万円

3000万円 ÷ 120万円 = 25年

約25年掛けてようやく5000万円ですね。

3000万円をすでに保有している場合

毎月10万円の貯金をした場合、

2000万円をすでに保有しているとして、

残りの3000万円を貯めるには、

10万円/月×12ヶ月=120万円

2000万円 ÷ 120万円 = 16.7年

約17年掛けてようやく5000万円ですね。

やはり、3000万円という大金を持ってしても、長い時間が掛かりそうです。

貯金だけでは5000万円を築くには時間が掛かる

上記の通り、たとえ3000万円もの資産を保有しているにも関わらず、

17年かかってしまうとすると、毎月頑張って貯金を10万円しているのに報われていない感覚に襲われないでしょうか。

ではなぜ富裕層の人たちはどんどん資産を大きく育てていくことに成功しているのか?

それは「お金に働いてもらっているから」に他なりません。

富裕層は具体的にどのように資産を増やしているのでしょうか?

お金に働いてもらっているといえば、

資産運用に成功していることになります。

資産運用をしていれば「複利」を利用してどんどん資産が増加していくのです。

例えば、500万円の資産を持っている将来的に富裕層になる人の思考としては、

まず投資元本を大きくするためにハイリターンの投資先を探します。

そしてその投資先でハイリターンを得て、安定的に複利でリスクの少ない投資を始めるのです。

ハイリターンの投資といえば、株式投資や、新興国投資、新興国不動産など多々ありますが、

運用先を間違えてしまうと資産を毀損してしまい、

大きな投資元本を手にする前にまた、一から貯金から始めることになってしまいます。

投資先を選ぶのがうまいというのもありますが、そこには綿密な分析が実行されています。

例えば富裕層思考のある人の資産運用は、準富裕層と位置付けられる5000万円の資産を築くまでに、

以下のようなシミュレーションを最初に立てます。

富裕層思考の人が500万円保有している場合

まずは500万円を利回り10〜15%で運用して回す、若しくは新興国不動産などに投資するなどして2倍、3倍を目指します。

ここでは運用で複利で、毎年100万円の追加投資で回した場合のシミュレーションをしていきます。

15%利回り資産運用

4年間で2倍に、7年間で4倍に、10年間で約7倍の3500万円程度まで資産を増やします。

その後に安定的に10%でこの3500万円を運用していきます。

3500万円資産運用利回り10%

500万円を保有していた頃から15年で資産は10倍の5000万円となります。

ここで準富裕層になるわけですね。

元手が1000万円、2000万円などでしたら、

複利の効果で5000万円はもっと早く積み上げることができます。

30歳くらいの会社員の方であれば、ちょうど500万円ほどの貯金がある頃かと思いますので、

45歳まで運用を続け、5000万円を築き上げることをおすすめします。

はじめの方は高い利回りでリターンの大きい運用を選ぶことをおすすめします。

マレーシアやフィリピンの不動産もキャピタルゲインを得ることは可能となりますが、

少し難易度が高すぎます。

私がランキング記事でも紹介しているヘッジファンドであれば、

上記のような利回りは見込めるでしょう。

富裕層思考の人が1000万円保有している場合

1000万円の資産を持つ場合でも100万円の段階投資を積みながら、15%ほどの利回りを目指します。

利回り15%1000万円運用

10年も待てば、5000万円を超えてきます。

この段階で5000万円の準富裕層のステージには乗りますが、

ここからさらに資産を飛躍させるため、

10%の着実な運用を目指します。

10%利回り資産運用

さらに10年間で追加投資なしで、老後の資産で必要となる1億円を超えてくるわけです。

資産運用を念頭に置いている富裕層の思考を持っている人は、

可能な限り安定的に高い利回りで、10年、15年スパンで確実に資産を大きくすることを確保しています。

20年で1億円と言われると遠い未来のように感じますが、

人生というのは時間が過ぎるのはあっという間です。

私自身、気づけば社会人になってから目の前の仕事を本気でしているうちに、

20年以上が経ってしまっているのです。

時間をどのように考えるかも、資産運用では必要な思考でしょう。

60歳で貯金が全くない状態で老後を迎えるより、

はるかに晴れやかな気持ちで老後生活を楽しめそうですよね。

10%以上の利回りを見込むことができるヘッジファンドとは

ヘッジファンドというと、欧米ではお馴染みですが日本ではまだまだ認知度が低いです。

日本でヘッジファンドを活用しているのは主に富裕層ですが、

実は日本のヘッジファンドであれば500万円、1000万円の最低出資額でも出資ができるのが特徴です。

例えば、新興国投資で高いリターンを誇る海外ヘッジファンドであるフロンティアキャピタル、

国内ヘッジファンドで毎年コンスタントに10%の利回りを叩き出すBMキャピタル、

この2社がヘッジファンドでは有力です。

私のブログのランキング記事や他の記事に、詳しくその2社の実績など内容を書いていますので、

参考にし、興味があれば問い合わせてファンド担当者と話をしてみるのも、

失敗しない長い資産運用期間のプランを立てることに役立ててみるのが良いでしょう。

→ 【おすすめ資産運用プラン】5000万円を攻守を兼ね備えたポートフォリオで年率10%程度を目指す

→ 金融資産5000万円あったら資産1億円は目前・おすすめ運用先を紹介する

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です