香港、台湾、大中華圏の企業へも投資で評判の『DIAM中国関連株オープン』・『チャイニーズ・エンジェル』の運用成績・見通しを解説

DIAM中国関連株オープン 『チャイニーズ・エンジェル』の運用成績・見通しを評価

 

資産運用を考えている人の中には、

まだまだ経済成長が見込まれる、という一部の情報の下、

「中国」への投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託がお手軽ですよね。

中国株式投資信託については以下で比較検討しています。

→ 【中国株投資信託】10商品を比較検討・おすすめの投資先は結局どこなのか?

中国の国自体については以下の記事で論じていますが、

→ 中国経済の実態は崩壊寸前??2018年からの中国の成長可能性について徹底分析

→ 中国のGDPは嘘であり水増しされていると考える根拠を4つの側面から解説する

→ 中国株式投資を市場全体・個別銘柄の観点で分析~おすすめの新興国を探せ!~

投資信託を購入する場合、つまり企業の運用の「プロ」に任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

今回はその投資信託で中国株を組み入れている

「DIAM中国関連株オープン(愛称:チャイニーズエンジェル)」

の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

DIAM中国関連株オープン- 概要と運用方針 –

DIAM中国関連株オープンは海外アジアの株式を運用するファンドです。

この点は他中国株投資信託ともちろん同様です。

DIAM中国関連株オープンの方針としては、

「中国株」に投資をしつつ、「中国関連株」にもグローバルな視点で捉え、

運用を実施していきます。

交付目論見書内では、中国株と中国関連株の違いを以下のように分けています。

DIAM中国関連株オープン投資先

出典:交付目論見書

中国を起点に売り上げなどが立ち成長していく企業にも、

中国「国内企業でなくとも投資していくということですね。

「ファミリーファンド」とされているDIAM中国関連株オープンですが、

ファンドの仕組みは以下のようになっています。

DIAM中国関連株オープン

出典:交付目論見書

シンプルに投資家はDIAM中国関連株オープンを購入し、

その先のマザーファンドが中国株と中国関連株で運用をするということですね。

資産銘柄はやはり騰訊、アリババを軸にしているところは、

他中国株投資信託、UBS中国株ファンドや三井住友ニューチャイナなどと同様ですね。

Diam中国関連株オープンマザーファンド資産状況

出典:交付目論見書

インターネットサービスに組み入れが37.76%とかなり偏りがあることが特徴的です。

次に安定している銀行でバランスをとっている、というところでしょうか。

ではDIAM中国関連株オープンの運用成績はどのようになっていますでしょうか。

DIAM中国関連株オープンの運用成績・パフォーマンス

DIAM中国関連株オープンにはベンチマークがありませんので、

基準価額とトータルリターンをみていきたいと思います。

diam中国関連株式ファンド基準価額

出典:Morning Star

他中国株投資信託と同様、2018年初旬をピークに後半に向けて下降していますね。

この点は予想通りです。

ではトータルリターンをみていきましょう。

DIAM 中国関連株オープン トータルリターン

出典:Morning Star

こちらも他中国株投資信託と同様、過去5年時をピークに、

直近1年でマイナス運用となっています。

それではいつものように、他中国株投資信託と比較してみましょう。

他の中国株投資信託との比較

今回は以下の3つの中国株投資信託を比較していきます。

DIAM 中国関連株オープンと他投資信託を比較

出典:Morning Star

直近1年のトータルリターンは三井住友ニューチャイナファンドに次いで、

ワースト2位の成績です。

過去からの推移をみても、他中国投資信託と比較してもトータルリターンは高くない傾向にあります。

同条件の中でも、運用成績がよくありません。

また、標準偏差も1〜10年で、DIAM中国関連株オープンは常に数値が大きくなっており、

価格変動のブレ幅がきになるところです。

標準偏差は投資の世界ではリスクとして認識されており、価格変動のブレ幅ということを意味します。

私であれば、そもそも今の時期に中国株に投資している投資信託は購入を控えます。

そもそも論となってしまうのですが、

中国は2000年初頭から爆発的に経済成長をしてきました。

しかし、要因としては「過剰投資」による成長であり、

現在ではGDPに占める投資の割合が45%を占める、

また、2014年には個人消費が40%を切り、今後の消費見通しも明るくありません。

過去の過剰開発と現在の個人消費、つまりは需給がマッチしておらず、

人口ボーナスも終えており、ゾンビ企業の割合が8%に上っています。

経済自体が疲弊状態であり、中国株投資信託に投資する環境にあるとは個人的には思えません。

中国はボラティリティも高い市場ですし、

安定的に着実に増やしたい場合には、向かない投資でしょう。

DIAM中国関連株オープンの高い手数料

最後にDIAM中国関連株オープンの手数料を確認しておきましょう。

DIAM中国関連株オープンの購入手数料は3.24%(税抜3.0%)となります。

中国株投資信託では、中華圏株式ファンドが3.78%(税抜3.5%)と高い水準にありましたが、

DIAM中国関連株オープンの購入手数料は、

  • HSBC中国株式ファンド
  • UBS中国新時代株式ファンド
  • 深センイノベーション株式ファンド
  • 三井住友ニューチャイナファンド
  • UBS中国株式ファンド

と同様の水準(3.24%)となります。

信託報酬は年率で1.728%(税抜1.60%)となり、

こちらは1.944%(税抜1.8%)となる三井住友ニューチャイナ、

1.92132%(税抜1.779%)のHSBC中国株式ファンドより安い水準ですね。

一般的なアクティブ型の日本国内投資信託(年率1.53%)よりも高い水準にありますね。

運用成績がよくなければ、あまり納得のいかない料金設定ですよね。

DIAM中国関連株オープンのまとめ

DIAM中国関連株オープンは株価上昇が期待される中国株を厳選して、

綿密な調査の上、2つのマザーファンドを通じて投資運用する中国株の「プロ」として一般投資家を集めていますが、

すでに中国は株式バブル・人口ボーナスは終えており、

過去の過剰投資、過剰生産力・個人消費の落ち込みなど今後の中国の見通しを考えると、

基準価額も低下しており、さらには他の中国投資信託よりもかなり低い水準となっており、

現時点ではあまり魅力的な投資先とは言えません。

もし魅力的な投資先を探しているのであれば、私が独自で作成している新興国投資関連について、

ランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので参考にしてみてくださいね。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です