黎明期のカンボジアの株式投資は魅力的!?上場個別株の紹介と投資環境を紐解く!

黎明期のカンボジアの株式投資は魅力的!?上場個別株の紹介と投資環境を紐解く!

一言に東南アジアといってもシンガポールやマレーシアのように成熟している国もあります。

 

<ASEAN株式市場・投資マップ>各国の経済・財政・有望銘柄・為替リスクを徹底分析。

 

一方、CLMV諸国のように、これからの成長が期待される国も存在しています。

 

CLMV諸国の中でも注目されている国の一つとしてカンボジアがあります。

本日はカンボジアの株式投資の現状と上場している銘柄についてお伝えしていきたいと思います。

 

カンボジアの経済・財政状況をおさらい

経済が成長することで株式市場も成長していくことは言を待ちません。

まずは経済について簡単におさらいしていきたいと思います。

健全な財政を維持する今後期待のカンボジアの経済成長。株式投資に向けた政治経済・財政のファンダメンタル分析を実施しました。

 

カンボジアは安定した高度経済成長を成し遂げています。

カンボジアGDPとその成長率

IMF Databaseから筆者作成

 

今後も人口増加が確実であり更に労働人口がが多く存在している経済状況から考えても経済環境としては申し分ないでしょう。

 

またカンボジアは健全財政を実現しています。

CLMV諸国の中でミャンマーと並んで一般政府部門の対GDP比率は低く抑えられています。

カンボジア財政

出典:MUFG

 

政府債務が低ければ政府支出により経済を扶養させる余地が残されていることを意味しています。

 

 

株式市場は黎明期だが徐々に盛り上がりつつある

では本題に入っていきたいと思います。

カンボジアの株式市場は2011年7月にオープンしました。

現在設立から8年がたっていますが上場されている銘柄は僅か5銘柄にとどまっています。

 

しかし、直近は徐々に盛り上がりをみせつつあります。

以下JETROの2018年12月に出された内容です。

カンボジア証券取引所(Cambodia Securities Exchange:CSX)は12月11日、同国の証券市場への投資家数が11月時点で2万人を超え、7月時点の9,891人から倍増したことを明らかにした。外国人投資家の増加は2,948人から3,136人と伸びがみられなかった一方で、国内投資家は6,943人から1万7,289人へと急増した。

CSXは増加の要因として、同国の証券市場に対する楽観的な見通しが持たれ始めたためとした。

また、証券市場が活性化する材料として、
(1)同国における平均約7%の経済成長率の継続、
(2)上場会社の事業の成長による高い配当利回り、
(3)上場会社のセミナーなどによる証券取引に関する情報の普及を挙げた。

引用:JETRO

 

 

カンボジア株式市場に上場している5銘柄を紹介!

現在カンボジアの株式市場に上場されている銘柄は以下の5銘柄となっています。

PAS Sihanoukville Autonomous Port
PPSP Phnom Penh SEZ Plc.
PPAP Phnom Penh Autonomous Port
GTI Grand Twins International (Cambodia) Plc
PWSA Phnom Penh Water Supply Authority

参照:CSX

PAS:シヌアビーク港湾公社

シヌアビーク港湾公社はカンボジアの国際港湾を運営する唯一の企業です。

2017年6月8日に上場していますが以下のように業績は堅調に推移しています。

売上高は毎年増加しながら純利益も最高益を更新しています。

2015 2016 2017 2018
Revenue 198,839.02 208,981.25 227,397.84 275,575.65
EBIT 52,545.93 54,908.32 60,381.42 68,675.28
Net Income 38,307.46 26,720.47 25,139.32 45,568.77
EPS 595.49 415.37 328.40 531.28

 

株価も以下の通り堅調に推移しています。

EPS531.28から考えると現在の株価約20,000KHRはPER38倍と若干の割高水準となっています。

PSDの株価推移

 

PPSP:プノンペン経済特区社

プノンペン経済特区社は2016年5月30日に上場された銘柄です。

名前の通りプノンペンの空港の近くにある多くの企業が入っている経済特区です。

PASとともに売上高と利益共に大きく上昇しています。

2015 2016 2017 2018
Revenue 61,458.19 66,065.61 76,273.72 83,824.24
Gross Profit 39,580.53 43,289.19 50,139.81 54,559.55
EBIT 22,442.37 24,435.34 30,087.73 35,808.49
Net Income 12,943.51 16,566.19 21,688.61 32,767.49
EPS(KHR) 770.07 800.90 1,048.55 1,591.24

 

一方、株価は2780KHRとEPS1591KHRから考えるとPERは1.7倍という驚異の割安水準となっています。

PPSPの株価推移

 

PPAP:プノンペン港湾公社

プノンペン港湾公社は2015年12月9日に上場した第3号銘柄です。

プノンペンの港湾局となっている国営企業となっています。

 

業績も同様に売上高と利益ともにぐんぐん伸びていっています。

2015 2016 2017 2018
Revenue 61,458.19 66,065.61 76,273.72 83,824.24
Gross Profit 39,580.53 43,289.19 50,139.81 54,559.55
EBIT 22,442.37 24,435.34 30,087.73 35,808.49
Net Income 12,943.51 16,566.19 21,688.61 32,767.49
EPS(1) (KHR) 770.07 800.90 1,048.55 1,591.24

 

プノンペン港湾公社の株価推移は以下のようになっています。

現在の株価12,700KHRから考えると現在のEPS1,591.24KHRから算出するとPERは7.9倍の割安水準となっています。

PPAPの株価推移

 

GTI:グランド・ツインズ・インターナショナル

グランド・ツインズ・インターナショナルは2014年6月16日に上場した台湾の縫製企業です。

2015 2016 2017 2018
Revenue 229,939.07 331,407.31 323,987.41 482,754.60
Gross Profit 26,229.12 41,410.45 27,156.21 33,752.69
EBIT 3,603.41 16,114.53 5,566.85 8,564.81
Net Income 4,321.00 21,162.65 2,670.01 5,789.70
EPS(1) (KHR) 108.02 529.07 66.75 144.74

 

株価は停滞しています。

株価は4500KHRですがEPS145KHRなのでPERは31倍と若干高い水準となっています。

GTIの株価推移

 

PWSA:プノンペン上水道公社

プノンペン上水道公社は2012年4月18日にカンボジアで最も最初に上場した銘柄です。

プノンペン上水道公社は名前の通りカンボジアの1993年のカンボジア王国発足とともにプノンペン市の水供給のインフラ整備のために設立した会社です。

2015 2016 2017 2018
Revenue 191,348.25 198,179.87 232,893.09 265,093.29
EBIT 54,642.64 57,469.47 79,486.60 94,871.23
Net Income 56,949.13 49,273.10 33,067.83 73,607.17
EPS(1) (KHR) 654.79 566.53 380.21 846.32

 

現在の株価6200KHとEPS846.32KHRからPERを算出すると7.3倍という割高水準となっています。

順調に収益が拡大しているにも関わらず割安に放置されています。

PWSAの株価推移

個別銘柄のまとめ

出来高を見ていただければわかるとおり圧倒的に取引高が足りていません。

よって業績が堅調であっても必ずしも株価が上昇する形とはなっていません。

今後、国内ならびに外国人投資家が参入していき適切な価格形成を行うまでにはしばらく時間がかかるでしょう。

 

日本からカンボジアの株式を購入することは可能か?

先ほどみてきたようにカンボジアの株式市場に上場している銘柄は基本的に業績は堅調に推移しています。

日本の証券会社でも海外取引の枠が拡張し、マレーシア、タイ、ベトナムのような東南アジアの銘柄には投資をすることができます。

 

しかし、残念ながら現状カンボジアの株式を日本の証券会社経由で購入することはできません。

どうしてもカンボジアの株式を購入したいのであれば現地に赴いて現地の証券口座を開設しないといけません。

 

現地には日本人スタッフが対応してくれる『SBI証券』系列の『SBI証券ロイヤル』が存在しています。

同社は現地で開設する場合の有力なパートナーとなるでしょう。

口座開設に必要なものは以下となっています。

  • パスポート
  • 証明写真
  • 現地でのアドレス→ホテルはダメなので最もハードルが高い
  • 3か月超のビザ

 

まとめとおすすめの新興国投資法

カンボジアは経済成長が確実となっているが株式市場の歴史は浅く5銘柄しか上場しておらず、全銘柄利益は概ね堅調だが投資家がすくないため適切な価格形成は行われていない状況。

 

また日本人は現在日本にいながらカンボジア株を購入することはできません。

現地にいって証券口座を開設する必要があります。

 

せっかく新興国投資で大きな可能性があるカンボジアという国に投資できないのは悲しいという方も諦めるのは早いです。

カンボジアよりも潜在成長率は高く人口密度の高いバングラデシュの不動産は無限の可能性を秘めています。

 

新興国投資で大きな利益を狙いたい方は以下もご覧いただければと思います!

 

[バングラデシュ不動産]人気のアジア新興国不動産セミナーに参加し出資したのでレビュー。

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です