話題のバングラデシュ不動産セミナーに参加したのでレビュー

 

私は当サイト『新興国株式.com』を運営しているくらいなので、

普段は新興国の株式投資を行っているのですが、

先日友人の誘いで100万円から投資できるバングラデシュ不動産のセミナーに行って来てました。

個人的に非常に面白く、自分の投資先をレビュー、備忘の意味でも筆をとることにしました。

結果的に私も納得して一部500万円程出資することと致しましたので、

新興国の不動産に興味のある方に参考になればと。

バングラデシュ不動産とは?-非常に魅力的な海外不動産-

まずはセミナーの内容の前にバングラデシュ不動産は投資対象としてどうなのか?

という点です。

私自身、新興国株式投資については分析しつくしているつもりだったのですが、

盲点として見落としている国でした。

バングラデシュとは~地理・経済・人口~

バングラデシュはインドと中国の丁度真ん中にある今後世界の人口・経済の中心になっていくことが見込まれる国です。

バングラデシュの位置

バングラデシュといえば皆さん教科書でこのような画像を見たことはないでしょうか?

『あーこれ教科書かテレビで見たことある!』

バングラデシュが人口っ過密であることが分かる画像

この写真は首都ダッカの列車の様子なのですが、この写真からもわかる通り、

非常に人口密度が高く(なんと首都ダッカは東京の3倍の人口密度という驚異の数字)、

まだまだ貧しい国なのです。

 

現状お隣のインドど同様に1人あたりGDPはインドと同じレベルなのですが、

経済成長率は7%を超えて加速してきており今後インドと同様に日の出の勢いで成長し、

南アジア躍進の原動力となる国として注目されています。

バングラデシュの成長率

リーマンショックのような危機時でも内需が堅調なので、

特に影響されることなく高い成長率を維持している点も着目に値します。

バングラデシュは株式投資ではなく不動産投資をすべきなのか

では株式投資でもいいのでは?なぜ不動産なのか?

という疑問も湧いてきますが、

まだまだバングラデシュの株式市場は外国人が投資できる環境が整っておらず、

尚且つバングラデシュ国民も年収20万円というレベルなので株式投資に手を出すことが出来る水準ではなく、

現時点ではバングラデシュの株式投資に手を出すべき水準ではありません。

 

一方、不動産投資については国民が住む場所というのは絶対的に必要なので(衣食住ですね)

ちょうどバングラデシュのように収入が増えてきて人口が激増している国においては、

不動産価格が上昇する前提が整っているのです。

 

ちょうど1950年以降戦後復興を果たした日本のようなものですね、

株式投資よりも不動産の価格上昇が先にくるのは新興国投資の鉄則ともいえるでしょう。

 

さらに調べていく中で初めて知ったのですが、

バングラデシュは土地所有が可能であるという点も最大の魅力です。

私も以前フィリピンの不動産投資の手をつけようかなと考えたことがあったのですが、

フィリピンはコンドミニアム投資しかできず、

つまり現地の方々の需要ではなくフィリピン駐在の外国人の需要という、

少ないポーションしか狙えないため、

空室リスクを抱えることに不安を抱きました。

 

また税率や管理費用を考えると表面10%でも最終的に5%程度(現地通貨ベース)となり為替と空室リスクで、

マイナスになることも考えると怖くて手が出せませんでした。

 

しかしバングラデシュ不動産は土地そのものに投資ができるので、

現地の方達の需要がとれるため、

高いリターンを見込むことが出来ることが見込めるという説明もあり、

投資判断をすることになりました。

 

Top Field Japanの100万円から投資できるバングラデシュ不動産セミナー-分かりやすく面白い?-

それでは私が参加したTop Filed Japan開催のバングラデシュ不動産セミナーについて、

非常に面白く、興味深かったので簡単に紹介させて頂きたいと思います。

因みにバングラデシュ不動産セミナーですが、内容は資産運用全般にわたっており、

バングラデシュ不動産の土地の勧誘は特に行われず期間限定で無料なので、

気軽に足を運んで資産運用の勉強をするだけでも大変タメになると考えています。

Top Field Japanのバングラデシュ不動産セミナー公式ページ

 

セミナー講師

セミナーの講師はTop Field Japan代表で元テレビ局報道アナウンサー出身の新進気鋭の実業家が努めます。

バングラデシュ不動産セミナーの講師

彼の経歴がもの凄くて、セミナー会場でも説明があるのですが(正直、多すぎて覚えていないのです)

TV(テリー伊藤さんなどと共演していました)にも出演し芸能人に資産運用を教え、

日本だけでなくバングラデシュの政界や経済界に強いパイプがあり、

投資家としての資産運用の知識と良い土地を仕入れるための人的パイプという、

これ以上ない経歴を持っています。

Top Field Japanが仕入れる土地は数年で5倍程度のリターンが見込める土地

私が今まで海外不動産に手を出さなかった理由が、

結局どの不動産がよいのか分からないという点だったのですが、

Top Field Japanの足と人脈を使ったリサーチ力は素人目にみても凄まじいものがあります。

 

代表の彼自身がバングラデシュに赴き、

土地を仕入れているのですが、

バングラデシュの某大臣(セミナーで説明あります)から政府筋情報をいち早く仕入れて、

今後の値上がりがほぼ確実にい見込める土地を先行投資することによって、

大きな利益獲得を狙ってます。

 

現在バングラデシュの首都ダッカは東京の人口密度の3倍なのですが、

毎年70万人の人口が流入するという

人口爆発まっただ中の首都となっており、新規の開発が毎年必須になっており、

政府筋情報により今後確実に開発される土地を一早く購入して値上がりを待っています。

 

過去の日本の不動産も現在のバングラデシュもそうなのですが、

発展著しい新興国では、

3年経すれば突如として街が現れるという状況が続きます。

開発予定地の地価が隣町の地価にまで上昇するだけでも5倍以上の値上がりが見込め、

さらに新しい街はインフラも新しくバングラデシュ経済も成長することから更に上のリターンも、

期待することが出来るのです。

 

確かにバングラデシュタカとの為替の関係で収益は上下しますが、バングラデシュタカの値動きは

米ドルと割と連動しており、

為替の変動分を大幅に上回るリターンが見込めることから、

新興国不動産への重い腰を挙げて投資をするという判断をしました。

 

また通常の不動産が物件毎の購入が必要になってきますが、

Top Field Japanを通じた投資であれば、

出資金を投資家から募るいわばリートのような投資を行っているので、

100万円以上10万円刻みで投資が出来るというのも非常に魅力の感じました。

Top Field Japanのセミナーへの参加方法

Top Field Japanのセミナーは普段は東京の田町で行っていますが、

最近は大阪や名古屋、仙台、沖縄でもセミナーを行っていますので、

地方の方も参加されると良いかもしれませんね。

Top Field Japanのバングラデシュ不動産セミナー公式ページへ

バングラデシュの土地は売り切れ次第終了するということだったので、

興味のある方は機は逸しないほうがよいと思います。

また投資勧誘を受けることもないので、

資産運用の勉強も兼ねて気軽に参加されるのも全然ありだと思います。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です