評判の『ベトナム・ASEAN・バランスファンド』(愛称:V-Plus)の運用成績・見通しを評価。

評判のベトナム・ASEAN・バランスファンドの運用成績・見通しを評価

 

資産運用を考える貯金額になった時、今後の経済成長が見込まれる新興国。

その中でも「ベトナム」への投資を検討している人は多いですよね。

 

ベトナムなど新興国への投資を考えるのであれば、お手軽で少額から投資が開始できる「投資信託」が思い浮かびますよね。

ベトナムの国自体については以下の記事で論じています。

 

<ベトナム株式投資マップ>国・株式市場のファンダメンタルズ分析・為替リスク・有望銘柄を紹介。

 

また代表的なベトナム投資信託やベトナムの市場平均への連動を目的としたETFの問題点について言及していきました。

<ベトナム投信・ETFマップ>新興国の中でも有望株?成長をきちんと取り込むおすすめのファンドを搜索。

 

今回もベトナムの投資信託について取り上げていきたいと思います。

 

本日の記事ではその投資信託でベトナム株を組み入れている「ベトナム・ASEAN・バランスファンド」の運用状況と、

今後の見通しを解説していきたいと思います。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンド– 概要と運用方針 –

それでは運用方針とポートフォリオについてみていきたいと思います。

 

ベトナム株式とASEAN地域の債券を組み合わせたバランス型のアクティブ投信

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドは海外アジアエマージングの株式を運用する「ファミリーファンド」です。

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの方針は交付目論見書より引用します。

 

1.地政学的・人口構造などの優位性を活かし、経済成長を続けているベトナムの株式および経済規模が拡大しているASEAN地域の債券を主要投資対象とします。

2.株式と債券の組入比率は、市場環境、資金動向に応じて機動的に変更します。

3.マザーファンドの運用の指図に関する権限の一部を日興アセットマネジメント・アジア・リミテッドに委託します。

4.組入外貨建資産については原則として為替ヘッジは行いませんので為替変動の影響を受けます。

(引用:交付目論見書

 

ベトナムの株式とされていますがカンボジア、ラオス、ミャンマーの株式に投資を行う可能性があるとしています。

 

⇒ 黎明期のカンボジアの株式投資は魅力的!?上場個別株の紹介と投資環境を紐解く!

 

東南アジアの後発新興国であるCLMV諸国でポートフォリオを組む方針となっています。

ファンドでは、

  • ベトナム
  • カンボジア
  • ラオス
  • ミャンマー

 

を総してインドシナ地域としています。

 

ファンドの特色

出典:交付目論見書

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドは「ファミリーファンド」とされています。

具体的なファンドの仕組みは以下のようになっています。

 

バランスファンド・ASEAN・ベトナムファンドスキーム

出典:交付目論見書

 

シンプルに投資家は販売会社を通してベトナム・ASEAN・バランスファンドを購入し、

その先のマザーファンドがインドシナ株式、ASEAN地域債券で運用をするということですね。

 

資産配分比率は以下の通りインドシナ地域株式を60%、ASEAN地域債券マザーファンド40%の比率となっています。

株式と債券をバランスよく組み入れているのが特徴的ですね!

 

ファンドの基本的な資産配分比率のイメージ

出典:交付目論見書

 

株式と債券のポートフォリオ構成上位銘柄を紐解く

 

具体的な資産状況・保有銘柄を見ていきましょう。

 

【株式Portionの組み入れ上位銘柄】

ベトナムの組入比率が87.1%となっています。

以下は株式Portion部分での組み入れ上位銘柄となっています。

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの株式部分の組入比率

参照:ベトナム・ASEAN・バランスファンドの月報

 

一年前まではベトナム国内時価総額1位の「ベトナム乳業(ビナミルク)」が高い比率で組み入れられていました。

しかし、既に割高水準ということもありビナミルクが上位構成銘柄から除外されています。

 

組み入れ比率もベスト10に「衣」「食」「住」を支える食品、飲料、不動産が多分に組み入れられています。

特に不動産が全部で5銘柄組み入れられており不動産市場にベットしているとみることができます。

 

次に債券をみていきましょう。

 

【債券Portionの組み入れ上位銘柄】

一方債券については東南アジアの国に分散的に投資をしておりベトナムは殆ど組み入れられていません。

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの債券ポーションの国別組み入れ比率

引用:ベトナム・ASEAN・バランスファンドの月報

 

当然現地通貨建てなので為替の動向は重要になってきます。

構成上位銘柄であるマレーシアとタイとインドネシアの通貨見通しについてもまとめていますので参考にしてみてください!

 

⇒ 実力に比して割安に評価されているマレーシアリンギット為替相場!今後は再評価が進むか?

⇒ 政治経済の混迷なるもタイバーツの為替相場は安定的!立役者である低インフレと国際収支の側面から紐解く

⇒ インドネシアルピアの為替相場が比較的安定的な理由を内外要因から徹底分析

 

では、ベトナム・ASEAN・バランスファンドの実際の運用状況はどうなっているのでしょうか。

以下で詳しくみていきたいと思います。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの運用成績・パフォーマンス

ベトナム・ASEAN・バランスファンドにはベンチマークはありませんので、

基準価額とトータルリターンから運用成績を見ていきましょう。

 

まずは基準価額ですが基準価額とはどのようなものか正確に思い出せない人は以下の解説記事を参考にしてみてくださいね。

⇒ 投資初心者必見・投資信託の基準価額を徹底解説- 買い時はいつ? –

 

以下はベトナム・ASEAN・バランスファンドの基準価額の過去推移です。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの基準価格の推移

引用:ベトナム・ASEAN・バランスファンドの月報

 

2007年8月28日に設定して以来、10,000円で開始した基準価額は、

2018年9月末時点で11,800円近辺となっています。

配当金再投資後ですと16,000円近辺となっています。

 

優秀な運用パフォーマンスとベトナム経済自体が加速していることも基準価額を後押ししている言えますね。

この点はベトナム株式ファンド、ベトナム成長株インカムファンド、CAMベトナムファンドと同様です。

 

また、以下はベトナム・ASEAN・バランスファンドのトータルリターンです。(一番上の項目)

ベトナムASEANバランスファンドのリターン

引用:Morningstar

 

直近1年のリターンは▲2.39%と米中貿易摩擦の影響を受けてしまっています。

 

しかし、3年スパンでみると年率平均7.30%、5年で3.77%と運用がなされています。

成長力の高いASEAN地域に投資していることを加味すると今一つですね。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの指標だけをみても正確にファンドの評価ができません。

他ベトナム株投資信託とも比較をしてみましょう。

 

他のベトナム株投資信託との比較

他ベトナム株投資信託は基本的にアクティブ運用なので、

安定運用のバランスファンド3つと比較していきます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

◆国際分散投資このファンド1本で世界中に分散投資することができます。地域別の投資比率は市場の規模に応じて変化するので、手間なく市場の変化に対応できます。

◆株式と債券への分散投資株式と債券へ半分ずつ投資することにより、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。

◆低コストローコスト・ハイクオリティ運用で定評のあるバンガードのインデックスファンドに投資することにより低いコストを実現。長期の資産形成に特化することで運営に係る経費も抑えています。

JPMベスト・インカム(毎月決算型)

●世界の債券、株式、リート(REIT)、その他の有価証券を投資対象とし、高いインカム収益および値上がり益が期待できるアセットクラスに分散投資します。

トレンド・アロケーション・オープン

世界各国の株式・債券・リート等の幅広い資産へ、実質的に投資します。

安定的な資産成長のために、市場環境に応じて機動的な資産配分を行います。

 

以下はその比較表です。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドを他のバランス投信との比較

引用:Morningstar

 

トータルリターンをみていきましょう。

トータルリターンについて復習したい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

⇒ 【初心者必見】投資信託の指標「トータルリターン」とは?

 

トータルリターンの良し悪しを判定するには基本的には3年(年率)を比較したいところです。

上記4銘柄の内、3年の利回りがベトナム・ASEAN・バランスファンドは1位となっています。

他3銘柄に比べて、高いリターンを実現していますね。

 

標準偏差は上記4銘柄の中ではベトナム・ASEAN・バランスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと同水準で高くなっています。

少し価格のブレ幅が心配なところです。

 

標準偏差とは、投資の世界では「リスク」として認識され、価格変動のブレ幅ということを意味します。

ベトナム・ASEAN・バランスファンドは上記ベトナム投資信託の中では最もリスクがないと言えるでしょう。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの高い手数料

最後にベトナム・ASEAN・バランスファンドの手数料を確認しておきましょう。

ベトナム・ASEAN・バランスファンドの購入手数料は3.24%(税抜3.0%)となります。

信託報酬は年率で1.944%(税抜1.8%)となり非常に高い水準です。

 

中国株投資信託やインド株投資信託なども信託報酬を見てきましたが最も高い水準にあると言えるでしょう。

 

ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどの広いインドシナ地域をカバーしたポートフォリオを構築しています。

調査費用や人件費を押し上げているものと想定されます。

 

バランス型にしてはリターンが非常に高いので、ある意味では納得のいく価格なのかもしれません。

 

ベトナム・ASEAN・バランスファンドのまとめ

ベトナム・ASEAN・バランスファンドは今後の経済成長が期待されるインドシナ地域の株を厳選して、

綿密な調査の上、マザーファンドを通じて投資運用し現状は高いリターンを実現しています。

 

しかし、手数料は非常に高い点が気になるくらいですね。

株式ポーションのほとんどを占めるベトナム株式市場自体が既に「過熱気味」となっています。

 

PBRを分析しても各銘柄が割高水準であるということは、

留意した上で投資の有無を考えられた方がよいでしょう。

 

今後の経済成長が期待でき、

尚且つ割安な株式市場であり、高いリターンを求めることができる投資先を探しているのであれば、

私が独自で作成しているおすすめ投資先ランキング記事などを参考にしてみてくださいね。

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です