【おすすめ資産運用プラン】5000万円を攻守を兼ね備えたポートフォリオで年率10%程度を目指す

5000万円といえば準富裕層の仲間入りを水準で、

総務省の調査によると4000万円以上の貯蓄額を誇る世帯は全体の10%程度となっていることから、

5000万円の貯蓄額を保有している世帯は全体の5%程度といったところでしょうか。

普通にサラリーマンをされている方なら子供の養育費にお金がかかり、退職金を含めてなんとか達成できる水準。

他には遺産相続によって、またはご不幸による保険金など突発的なことで、

5000万円の資産額となった方もいらっしゃるでしょう。

本日は皆さんの大切な5000万円を安定的に更に資産を守りながら10%程度の利回りで増やしていくのに、

おすすめの方法について紹介していきたいと思います。

資産運用の必要性ー運用しない危険性・インフレの恐怖ー

資本主義が始って以来、「基本的」にはインフレは一貫しておこっています。

インフレってよくきくけど何?って方の為に簡単に説明すると、

我々ロスジェネ世代だと子供の時自販機のジュースが80円だったのに、

いつのまにかあれよあれよと120円まで上昇した記憶があると思います。

これがまさにインフレです。缶ジュースというモノの価値は変わりません。

350mlのコカ・コーラのおいしさが変わるわけではありませんし、我々が必要・飲みたいという願望は変わりません。

しかし、購入するのに必要な現金が高くなっているのです。

つまり『相対的』にお金の価値が低くなっているということです。

基本的にはインフレは発生しつづけておりますが、1990年の日本のバブル崩壊以降の約30年間は、

殆どインフレが発生しない状態が続いていました。

世界で初めてといえる現象でしたが、2010年代からアベノミクスと金融緩和の効果もあり、

ゆるやかにインフレが発生していっているのです。

1980年以降の物価指数は以下のように着実に上昇はしてきており、

現金のまま保有していたら資産価値は1980年比で3分の2つまり5000万円保有していたら3200万円に、

2000年比で10%減価して5000万円保有していたら4500万円の価値になってしまっていることと、

なっているのです。

日本の物価インデックス(IMF Databaseより管理人が作成)

最低でもインフレを凌駕する勢いでは運用していかないと資産が減っていってしまうのです。

通貨分散の必要性:強烈な円安(≒ハイパーインフレ)リスクに備える

私が新興国株式投資を行っている原因の大きな要因でもあるのですが、

私は今後日本に財政破綻懸念又は金融緩和の原因を迎えることによって、

円安を発端としたハイパーインフレが起こるリスクには本格的に備えたほうがよいと考えています。

以前、どのような経路で円安からのインフレが発生するのかについては、

以下でのべておりますが、今回は大幅な円安に備えるという防御の意味もこめたおすすめ投資先を紹介していきたいと思います。

【合わせて読みたい】
日本銀行の金融政策からハイパーインフレの可能性を解説ー破綻へ向かう金融緩和ー
日本の財政破綻からの日本円崩壊に備えた通貨分散の必要性を徹底解説

 

投資先①:米国の市場平均に連動するETFに1000万円(期待リターン6%)

米国の市場平均であるS&P平均の1871年から2017年の年平均利回りは6%程度となっており、

以下のように一貫して右肩上がりで上昇しています。

左の縦軸のメモリが等間隔でないことら如何に順調に株価が順調に上昇していっているかが見て取れます。

米国の市場平均(引用:S&P historical chart)

株価の上昇は企業の利益が上昇していることに裏付けされており、

世界最強の先進国である米国が常にイノベーションを起こして世界を索引してきた歴史を物語っています。

 

S&P企業の利益(引用:S&P Earning)

米国の指数S&Pに投資を行うのであれば、ETF(Exchange Traded Fund)がおすすめできます。

ETFは投資信託と個別株の両方の性質をもっており、投資信託のように多くの銘柄を組成したファンドを、

株式市場が開場している間であればいつでも取引できるというのがETFの特徴です。

ETFについてわかりやすく解説する

IVVといわれるi シェアーズ・コア・S&P ETFではまさにS&P指数に連動することを目指す、

ETFで楽天証券やSBI証券で簡単に購入することが出来ます

世界最強通貨米ドルを保有しながら6%~7%程度のリターンを狙うことができますが、

リーマンショックのような危機に弱いため、投資する局面を間違えると大きなドローダウンが、

起こることは想定しておいた方がよいでしょう。

投資先②:米国債に1000万円(期待リターン3%)

次に安全性を求める投資先として米国債をおすすめします。

債券投資は満期日まで保有すれば元本が米ドル建で保証されています。

また現在2018年時点で米国は利上げを行い豪州を抜いて先進国で最高の金利を誇っています。

米国債に投資を行うことによって3%程度の利回りを確保することが出来ます。

元本を保証したいのであれば、満期まで保有するという資金拘束をうけますが、

低いですが安定した利益を一部求める投資先としては有効な投資先といえるでしょう。

投資先③:新興国投資ファンドに2000万円(期待リターン20%)

私が最も力を入れている分野なのですが、当ブログでも新興国を各国ファンダメンタルを元に、

株式投資の魅力について分析しているのですが、各国を分析するのは骨が折れますし、

更に成長力が高い国を見つけたとしても既に海外から資金が入り適正~割高水準になっている、

インドやフィリピンのような国が多いです。

また、世界には成長力が高いにも関わらず、割安で放置されている国も存在しているのですが、

割安ということは世界の投資家に向けて広く門戸が開かれていないということを意味しており、

我々個人投資家が投資を行うには現地に趣き、

現地証券会社で口座を開設する必要のなる国が殆どとなっています。

つまり最も利益が期待できる割安成長国市場は個人で投資を行うハードルが非常に高くなっているのです。

よしんば投資できる環境が整えることができたしても、

各銘柄に投資を行うにしてもなかなか個別銘柄にアクセスすることは出来ず、

銘柄選定が出来ないという第二の壁にぶち当たります。

その為、私は成長力が高い割安な市場に厳選投資を行っているフロンティア・キャピタルに投資を行っています。

同ファンドのファンドマネジャーは日本株での実績をもとに、

鳴り物入りで新興国株ファンドを運用しはじめており、

最初の3カ月で現地通貨ベースで16%の利回りを出しています。

同社は投資対象市場のリサーチは勿論のこととして、個別銘柄への調査も厳選して行っており、

非常に期待の持てるファンドとなっています。

フロンティア・キャピタル~新興国投資ヘッジファンドの実態を解明~

投資先④:日本株バリューファンドに1000万円(期待リターン10%)

残りの1000万円は日本株で安定的なパフォーマンスを出し続けているBMキャピタルへの投資です。

BMキャピタルはバフェットの先生であるベンジャミン・グレアム氏の投資手法を実行し、

安全性を重視し下落リスクを極小におさえながらも年率10%程度の利回りを期待できる、

攻守ともに備えた期待できるファンドです。

実際過去5年以上の運用でマイナスの運用成績を半年ベースで出したことはありません。

安全且つ着実に日本円建ての資産を増やしたいという方にとっては非常におすすめできる投資先になります。

先程説明したフロンティア・キャピタルにしてもBMキャピタルにしても、

プライベートファンドなのですが、投資信託とことなり、

どのような市況環境でも利益を追求する絶対利益追求型のファンドとなります。

投資信託は儲からないのはなぜ?本当におすすめの運用先を紹介

市況を言い訳にせず顧客資産を如何に資産を増やしていくかということを重点に添えて、

運用を行っており、実際に結果を出している点が非常に評価できる点です。

自分で運用を行う自信がないという方は、上記二つのような敏腕マネージャーつまり、

正真正銘のプロに運用を任せて運用手法を学びながら資産を構築していくのが良いでしょう。

5000万円のポートフォリオの期待リターン

今までインフレ・円安リスクに備えたおすすめ投資先4選を紹介してきました。

先程紹介した分配で投資した場合の期待リターンは、

米国市場平均ETF:構成比率20%×期待利回6% = 1.2%
米国債:構成比率20%×期待利回3%=0.6%
新興国ファンド:構成比率40%×期待利回20%=8%
国内バリュー株ファンド:構成比率20%×期待利回10%=2%

合計:11.8%のリターンを通貨分散を行いながら期待することが出来ます。

 

[2018年・最新の個人投資家向けおすすめ投資先ランキング]

海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2018年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。

老後に向けての資産構築を考えている方は特に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です